復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

avalokiteさんの公開ページ 復刊投票コメント一覧

復刊リクエスト投票

  • 発光妖精とモスラ

    【著者】中村 真一郎 福永 武彦 堀田 善衛

    この3人の共著というだけでも価値がある。是非とも復刊(2014/03/22)
  • 放射線被曝の歴史

    【著者】中川保雄

    このところ、よく引用される本。この手の情報は貴重。(2011/12/07)
  • タントラ狂気の智慧

    【著者】チョギャム・トゥルンパ

    わかりやすい本でした(2009/09/21)
  • 奉天三十年 上下

    【著者】クリスティー/訳.矢内原忠雄

    父親から不思議な町奉天のことをよく聞かされていた。(2008/06/30)
  • ルイセンコ学説の興亡

    【著者】メドヴェジェフ

    科学史の研究書でしばしば引用されている重要な本。是非復刊を希望します。(2007/12/04)
  • 日本農民のヤロビ農法 ミチューリン主義農業技術の実地手引

    【著者】下伊那ミチューリン会 菊池謙一編著

    噂には聞いていたが、こういう本が出ていたんだ。是非、復刊してもらいたい。(2007/12/04)
  • 六代目菊五郎

    【著者】木村伊兵衛

    まさに劇聖、六代目の記録が見られないなんて、悲しい。(2007/12/04)
  • ネコの行動学

    【著者】パウル・ライハウゼン 著 / 今泉吉晴 今泉吉晴 訳

    是非、多くの人に読まれるべき。(2007/12/04)
  • 野外実験生態学入門 生物の相互作用をどう調べるか

    【著者】ネルソンG.ハーストン,堀道雄

    こういう本が欲しかった。(2007/12/04)
  • 二つの文化と科学革命 第3版

    【著者】C・P・スノー/松井巻之助訳

    こんな重要な本が絶版になっていたとは知らなかった。(2007/12/04)
  • 人はなぜエセ科学に騙されるのか 上・下巻

    【著者】カール・セーガン

    この手の本は、重要なのにすぐ絶版になってしまう。(2007/12/04)
  • 兵隊を持ったアブラムシ

    【著者】青木重幸

    エキサイティングな発見のときめきをまた味わってみたい(2007/11/28)
  • 宇宙人とUFOとんでもない話

    【著者】皆神龍太郎

    この著者ならおもしろくないはずはない(2007/11/28)
  • 脊椎動物のからだ

    【著者】アルフレッド・シャーウッド・ローマー

    内容は古いものの、これほどの範囲を押さえた類書がない。復刊が待たれる。(2006/12/16)
  • 動物哲学

    【著者】ラマルク

    重要な文献。
    世間ではダーウィンと対立的に位置づけられているが、むしろダーウィンの先駆的著作という面も強い。
    そうした誤解を解く上でも是非復刊を。(2006/12/16)
  • 人間の測りまちがい 差別の科学史 増補改訂版

    【著者】スティーヴン・J・グールド 鈴木善次 森脇靖子

    人間を対象とした生物学研究に批判的な人も肯定的な人も、読んでいて欲しい本。統計の勉強にもなります。(2006/12/16)
  • ルイセンコ物語 大地の支配者ルイセンコ

    【著者】高梨洋一・永田喜三郎

    科学史上、忘れてはいけない話で、意外と詳細は知られていません。復刊を望みます。(2006/12/16)
  • 相模湾産後鰓類図譜

    【著者】生物学御研究所編

    実験所でいちど見ましたが、すばらしい本です。北隆館の図鑑で同定できなかった種で、この本で同定できたことがあります。(2006/12/16)
  • 動物解剖図

    【著者】日本動物学会(編)

    もともとあまりない動物の解剖図。本書に似たもので有名な広島大学生物研究会『日本動物解剖図説』(1971)が知られているが、材料が重複せぬように工夫して選定されている。本書の方が解剖方法や注意が書いてあること、入手しやすい動物を採録していることでも、よりよい本である。生物学の初心者にも、研究者にも便利な本であり、復刊を望む声が高い。(2006/12/15)
  • 蝦夷錦の来た道

    【著者】北海道新聞社

    以前、この蝦夷錦という織物からたどる北方の歴史紀行を読んで、近代以前には、ロシア、日本、中国の国境を越えた文化・交易圏があったことに驚きました。そして今も北海道アイヌを親戚のように思っている民族がアムール川流域にいるとは。我々の発想が国境にいかに縛られているのかも感じさせられました。あの感動をもう一度。(2006/08/18)

T-POINT 貯まる!使える!