復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

檸檬の樹さんの公開ページ 復刊投票コメント一覧

復刊リクエスト投票

  • ザ・ベスト・オブ・バラード

    【著者】J.G.バラード

    SFという枠組みを遙かに超越する作家の短編集。
    ぜひ復刊してほしい。(2006/09/21)
  • エドマンド・バーク著作集

    【著者】エドマンド・バーク

    保守するための改革(バーク)。これこそがいわゆる市井の人々を幸福にできる方法である。日本では保守はまったく理解されず、歪曲化されている。マスメディアは単なる提灯持ちでしかなくなり批判精神すら持たなくなっている。政治というものはマスメディアが実践するのではない。市井の人々こそが主役である。この視点を再確認し歴史に学ぶためにもバークの著作は読まれるべき古典である。(2006/08/29)
  • 大川周明全集

    【著者】大川周明

    大川周明を理解することは近代日本ひいては現代日本の立ち位置を再確認するために必須だと思う。戦後の処理を蔑ろにしたままずるずると現地点まで来てしまった。大川や北の思想には大きな視点・骨格があったように思われる。このような筋の通った思想がきちんと実践されていればなぜ責任の所在なき戦争や雰囲気に左右される日本社会の構造は未だに曖昧模糊とされなかったのだろう。真の意味の「保守」は地域に根付いた伝統を重んじつつも「保守するための改革(E・バーク)」することで変革の波に身を流されないことである。保守や右翼という言葉がまったく違った意味に捉えられ軽佻浮薄の政治状況がマスメディアによって作られる中、戒めを含めいまこそ大川周明を紐解くべきではなかろうか。(2006/08/29)
  • 討議 『銀河鉄道の夜』とは何か

    【著者】天沢退二郎・入沢康夫

    シンプルでありながら難解でもある銀河鉄道の夜。一般に知られる銀河鉄道の夜(第四次稿)はブルカニロ博士版(第三次稿)を読むことで新たな姿を顕してみたり、賢治自身死の近づきを予感していたかのような銀河鉄道の旅は読むたびに発見がある。このような名作を深く掘り下げ理解を深める可能性を拡げたのがこの本だと思う。入手できないのは悉く知的空間を支える本の役割を放棄しているのに等しい。是非とも復刊していただきたい。(2006/08/29)
  • 年刊SF傑作選(全7巻)

    【著者】ジュディス・メリル編

    SFを堪能したい!!是非とも復刊してください。(2004/04/17)
  • ペパミントスパイ、忘却シリーズ未収録作品

    【著者】佐々木倫子

    お願いします。はるか昔読んで、一番面白かったです。(2004/04/17)
  • 憲法義解

    【著者】伊藤博文

    国民主権を謳った現憲法(日本国憲法)は改憲の是非を問われている。時代の趨勢や流動化する世界情勢に最早妥当しないかのようにいわれている。しかし、アジアで最初の憲法を作り出したのが現憲法の前身たる明治憲法である。この明治憲法は君主主権で甚だ人権の観点からは問題はあったものの、後進国がいかにして近代化を図ろうとしたのかが国家の設計図たる憲法に顕れる。伊藤博文の描いた青写真はどのようなものだったのか?そして、これからの「国のかたち」を考える上でも本書は叩き台としての役割を充分に担えるものであろう。復刊がこれほどまでに待ち遠しい書物はなかなか無い様に思う。(2004/04/12)

T-POINT 貯まる!使える!