復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
4,290円(税込)

手天童子 初出完全版 2

永井豪とダイナミックプロ

4,290円(税込)

(本体価格 3,900 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:39ポイント

この商品は巻数もの商品です

全巻セットページはこちら

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

得票数:6票
手天童子 全6巻
  • ピンナップ


    復刊ドットコムで『手天童子 初出完全版 2』を購入すると、先着でピンナップをプレゼント!
    特典は数に限りがありますので、お早めにどうぞ。

    ≪特典に関するご注意≫

    本商品と予約商品(=未刊行商品)を同時にご注文いただく際、「まとめ発送」を指定されると、システム上、特典付きの商品をお届けできない場合がございます。
    特典をご希望の場合は「分割発送」をご指定いただくか、2度に分けてご注文ください。
著者 永井豪とダイナミックプロ
出版社 復刊ドットコム
判型 A5
頁数 432 頁
ジャンル コミック・漫画
ISBNコード 9784835457871

商品内容

永井豪による伝奇SFの傑作『手天童子』を
初出時のカラーページ・扉絵も完全再現して新装復刊!


1976年から78年にかけて「少年マガジン」誌上に連載された永井豪『手天童子』。
1970年代の永井豪は『マジンガーZ』(「少年ジャンプ」1972~73年)や『キューティーハニー』(「少年チャンピオン」1973~74年)、『ドロロンえん魔くん』(「少年サンデー」1973~74年)などの代表作を矢継ぎ早に発表しており、まさに脂の乗り切った時期にありました。
中でも「少年マガジン」では『オモライくん』(1972)、『デビルマン』(1972~73)、『バイオレンスジャック』(1973~74)、『イヤハヤ南友』(1974~75)と、ギャグからSFまで振り幅の広い作風で数々の傑作群を連載しており、当時の永井豪にとっての主戦場であったと言っても過言ではないでしょう。
創作意欲の奔流のなか、それまでとは少し趣向を変えて「鬼」というモチーフを主軸にした伝奇ロマンとして、その「マガジン」誌上に執筆されたのが本作『手天童子』です。

大江山に住んでいたと伝えられる鬼=酒呑童子の説話を引用しつつ、回を追うにつれ物語は舞台を変え、さらには時空をも超えてスケールアップしていきますが、序盤から随所に張り巡らされた伏線を見事に回収しながら大団円へと向かいます。その構成の巧みさは永井豪作品の中でも際立っており、ストーリーテラーとしての著者の手腕を読者に再認識させずにはおかないでしょう。
著者の実兄である作家・永井泰宇によるノベライズ版(1986~89)やOVA(1989~91)、また「チャンピオンRED」に連載された、夏元雅人によるリメイク作『降魔伝 手天童子』(2002~05)など、メディアミックス企画が多く展開されていることからも、作品の質に支えられた人気の高さが窺われます。

このたび復刊ドットコムでは、この傑作『手天童子』を「雑誌掲載時の構成・カラーページや扉絵も再現」の[初出完全版]仕様で新装復刊いたします。ダイナミックプロの全面協力によって実現した、これまでの単行本には一度も収録されたことのない貴重な扉絵の数々や、初めて再現されるカラーページも必見です!

(c)Go Nagai/Dynamic Production 2020

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

全2件

  • 当時のワクワク感を思い出します

    第2巻は、鬼が作った亜空間の中、退化した3匹の鬼との対決を迫られるところから始まります。東京大空襲にタイムスリップしたかと思わせたり、すべてが夢で自宅に帰っていたりと、子郎だけでなく読者も騙されました。 (2021/02/23)

    GOOD!0
  • 手天童子 初出完全版 2

    今まで刊行されたものとの違い一覧、永井豪さんとのインタビューなどありマニアには、たまらない内容となってます。 (2020/12/27)

    GOOD!0
  • レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全6件

  • 読んでみたい。 (2020/10/01)
    GOOD!0
  • 個展に行き懐かしくなったから (2019/09/17)
    GOOD!0
  • 読んでみたい (2019/04/29)
    GOOD!0
  • デビルマンが好きなので、興味があります。見てみたいです! (2005/02/25)
    GOOD!0
  • これと「凄ノ王」とは氏の作品の中では好きな作品。 (2004/01/25)
    GOOD!0

もっと見る

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!