復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
2,035円(税込)

シカの童女

岡野薫子 作 / 赤羽末吉 絵

2,035円(税込)

(本体価格 1,850 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:18ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:37 個

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 岡野薫子 作 / 赤羽末吉 絵
出版社 復刊ドットコム
判型 262×204mm・上製
頁数 32 頁
ジャンル 児童書・絵本
ISBNコード 9784835455907

商品内容

「赤羽末吉の名作絵本」復刊第3弾!
シカの目のように優しい少女の運命を描いた幽美な絵本。


『なきたろう』『ひょうたんめん』で好評を博した赤羽末吉の復刊絵本、第3弾です。
作は『銀色ラッコのなみだ』や「森のネズミたち」シリーズ等々、幼年童話や児童文学作家として数多くの名作を生み出している岡野薫子。


ある日、北の山に住む仙人は、谷川のそばでシカに見守られながら泣いている女の赤ん坊をひろう。仙人は、その子を大切に育て、やがて赤ん坊はきれいな大きな目をした可愛い女の子になった。
不思議なことに、その子が足から血を流して歩くと、その跡にはハスの花が咲くという。
ある日、その評判を聞いた若殿さまが、女の子を訪ねてくる。ひと目見て女の子を気に入った若殿さまは、女の子を館に連れ帰ると、その子を見た誰もが優しい気持ちになるのだった。
ところが、ある日、若殿は大殿さまの言いつけでシカ狩りに行くことになり、それを聞いた女の子は、若殿を悲しい目でみつめた。
シカ狩りで若殿がシカの足を射た頃、女の子はハスの花のつぼみを残して姿を消すのだった。女の子はどこへ消えてしまったのか。残したつぼみを池に浮かべると…。

赤羽末吉の墨絵が美しい「和」の絵本。幽玄の美が再び甦ります。

※本書は、1973年・あかね書房刊『シカの童女』を新たに編集し、新装復刊するものです。
◆こちらもチェック! 赤羽末吉の絵本◆
◎『なきたろう』
◎『ひょうたんめん』

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

全1件

  • 美しくも不思議な話

    鹿から与えられた口をきかない娘の話。
    とても美しく、気高ささえ感じますが、悲しい結末に切なくなりました。
    人と人ではないものがとても近かった頃のお話に、今の子供たちがどんな思いを持つか、読み聞かせしてみたいです。 (2018/07/22)

    GOOD!0
  • レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!