1. TOP
  2. ショッピング
  3. 児童書・絵本
  4. 『シカの童女(岡野薫子 作 / 赤羽末吉 絵)』 販売ページ

シカの童女

シカの童女

  • 著者: 岡野薫子 作 / 赤羽末吉 絵
  • 出版社: 復刊ドットコム
  • 判型: 262×204mm・上製
  • 頁数: 32 頁
  • ISBN: 9784835455907
  • ジャンル: 児童書・絵本
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 41 個

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 1,998 円 (税込)
    (本体価格 1,850 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 18ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

「赤羽末吉の名作絵本」復刊第3弾!
シカの目のように優しい少女の運命を描いた幽美な絵本。


『なきたろう』『ひょうたんめん』で好評を博した赤羽末吉の復刊絵本、第3弾です。
作は『銀色ラッコのなみだ』や「森のネズミたち」シリーズ等々、幼年童話や児童文学作家として数多くの名作を生み出している岡野薫子。


ある日、北の山に住む仙人は、谷川のそばでシカに見守られながら泣いている女の赤ん坊をひろう。仙人は、その子を大切に育て、やがて赤ん坊はきれいな大きな目をした可愛い女の子になった。
不思議なことに、その子が足から血を流して歩くと、その跡にはハスの花が咲くという。
ある日、その評判を聞いた若殿さまが、女の子を訪ねてくる。ひと目見て女の子を気に入った若殿さまは、女の子を館に連れ帰ると、その子を見た誰もが優しい気持ちになるのだった。
ところが、ある日、若殿は大殿さまの言いつけでシカ狩りに行くことになり、それを聞いた女の子は、若殿を悲しい目でみつめた。
シカ狩りで若殿がシカの足を射た頃、女の子はハスの花のつぼみを残して姿を消すのだった。女の子はどこへ消えてしまったのか。残したつぼみを池に浮かべると…。

赤羽末吉の墨絵が美しい「和」の絵本。幽玄の美が再び甦ります。

※本書は、1973年・あかね書房刊『シカの童女』を新たに編集し、新装復刊するものです。
※カバー画像は原本のものです。

▼赤羽末吉の絵本、こちらもチェック
◎『なきたろう』
◎『ひょうたんめん』

読後レビュー(1件)

  • 美しくも不思議な話

    ぱんだ 2018/07/22

    鹿から与えられた口をきかない娘の話。
    とても美しく、気高ささえ感じますが、悲しい結末に切なくなりました。
    人と人ではないものがとても近かった頃のお話に、今の子供たちがどんな思いを持つか、読み聞かせしてみたいです。

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/06/05
『シカの童女』(岡野薫子 作 / 赤羽末吉 絵)の注文を開始しました。

この商品は現在販売中です。

絵本に関するQ&A

色鉛筆で花のキャラクターが描かれた絵本

むかし実家にあった絵本を探しています。 タイトルや著者名などは分からず、 •ソフトカバー で、確か正方形の形 •色鉛筆で描かれたきれいな挿絵 •花と花の精霊のようなキャラクターが描かれて...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る