復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

HUMAN LAND 人間の土地

奈良原一高

8,800円(税込)

(本体価格 8,000 円 + 消費税10%)

【送料無料】

配送時期:3~6日後

Tポイント:80ポイント

この商品は現在ご購入いただけません。

在庫切れ

販売再開時にメール通知を希望

お気に入りに追加

得票数:33票
人間の土地
著者 奈良原一高
出版社 復刊ドットコム
判型 A4変・上製
頁数 176 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784835455044

商品内容

復刊ドットコム × 代官山 蔦屋書店 コラボ企画第2弾!
巨匠・奈良原一高が一躍時の人となった伝説の初個展『人間の土地』。
その作品群をまとめた写真集が、30年の時を経て造本を一新し新装版として復刊決定!


明治日本の産業革命遺産として、2015年に世界遺産にも認定された長崎市沖に浮かぶ周囲1.2㎞ほどの無人の島・端島。通称・軍艦島とも呼ばれるこの島には、最盛期の1960年に、狭い島内に約5,000人を越える人々が暮らしており、当時の東京の9倍という脅威の人口密度を誇りました。
石炭がエネルギー資源とされていた時代、そこに暮らす炭鉱労働者たちとその家族の姿をとらえた第一部「緑なき島」と、1924年の鹿児島・桜島の大噴火により600戸以上あった村の家屋をはじめ3メートルもの鳥居までもが地中に埋まってしまった桜島東部の集落・黒神村を取り上げる「火の山の麓」。これら二部構成で、本作品集はまとめられています。

いずれも過酷な環境下で生きる人々の力強い姿がストレートに捉えられており、奈良原自身初となった1956年銀座松島ギャラリーでの個展、その約30年後の1987年にリブロポートより刊行された写真集は、ともに大きな反響を呼びました。

隔絶された二つの場所に近代日本の閉塞感をも象徴させ、どこか心象的とも取れる作品群は、日本写真史の中で“パーソナル・ドキュメント”として確立され、以降の活動にもつながっていきます。
特に第一部「緑なき島」での記録は、約40年前に無人・廃墟となった端島が稼動していた時代の貴重な生きた資料としても名高く、多くの復刊リクエストを呼んでいます。

オリジナル装丁の魅力を活かしながら新装復刊する『人間の土地』。
その魅力を、ぜひお手にとって直接ご覧ください。

☆☆☆本書の特長☆☆☆
世界的な写真家・奈良原一高の初個展「人間の土地」をまとめた豪華作品集を造本新たに完全復刻!

▼著者プロフィール
奈良原一高(IKKO NARAHARA)
1931年福岡生まれ。
1959年早稲田大学大学院(芸術学専攻)修士課程修了。
在学中の1956年に、初個展「人間の土地」が大きな反響を呼び、写真家としての活動を始める。
1959年、東松照明、細江英公、川田喜久治らとセルフ・エージェンシー「VIVO」を結成(1961年解散)。その後、パリ(1962~64)、ニューヨーク(1970~74)と拠点を移しながら活動。1974年帰国後も世界各地を取材し、多数の展覧会を開催。写真集も数多く出版し、国際的にも高い評価を受ける。
主な個展に、「Ikko Narahara」ヨーロッパ写真美術館、パリ(2002~03)、「時空の鏡:シンクロニシティー」東京都写真美術館(2004)、「手の中の空 奈良原一高1954-2004」島根県立美術館(2010)、「王国」東京国立近代美術館(2014~15)など多数。写真集に、『静止した時間』(1967)、『ジャパネスク』(1970)、『消滅した時間』(1975)、『人間の土地』(1987)、『ヴェネツィアの夜』(1985)、『時空の鏡』(2004)、『太陽の肖像』(2016)など。主な受賞に、日本写真批評家協会新人賞(1958)、芸術選奨文部大臣賞、毎日芸術賞(1968)、紫綬褒章(1996)など。

▼イメージ画像:(クリックで拡大します)
HUMAN LAND 人間の土地 イメージHUMAN LAND 人間の土地 イメージHUMAN LAND 人間の土地 イメージ
HUMAN LAND 人間の土地 イメージHUMAN LAND 人間の土地 イメージHUMAN LAND 人間の土地 イメージ


※本書は『HUMAN LAND 人間の土地』(1987年 リブロポート発行版)を底本に、新たな装丁で出版するものです。

© 奈良原一高 2017
協力:奈良原一高アーカイブズ
◆こちらもチェック! 奈良原一高作品ラインナップ◆
◎『王国 Domains』

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全32件

  • 軍艦島に興味があるから。 (2017/04/19)
    GOOD!1
  • 世界遺産登録された建造物、その生活実態などを写真に収めた貴重な書籍として、しっかりと永遠に後世に残していくべきと考えます。
    少なくても近隣諸国とのモメごや紛争にまで影響を及ぼしそうな要素を持つことに関しては、永遠に証拠を残していかざるを得ない。 (2017/04/19)
    GOOD!4
  • 軍艦島に興味があるので読んでみたい (2017/04/19)
    GOOD!0
  • 廃墟の島の写真はもういりません。いま欲しいのは当時の生きている島の記録です。 (2013/01/28)
    GOOD!1
  • 名作と評判なので、是非。 (2009/12/25)
    GOOD!0

もっと見る

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!