1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『シナリオ構造論(野田高梧)』 販売ページ

シナリオ構造論

シナリオ構造論

  • 著者: 野田高梧
  • 出版社: フィルムアート社
  • 頁数: 376 頁
  • ISBN: 9784845916139
  • ジャンル: 専門書
  • 価格: 2,160 円 (税込)
    (本体価格 2,000 円 + 消費税8%)

  • 現在この商品は当サイトで販売していません。
    以下のボタンより、amazon.co.jpにてお買い求めください。
  • amazon.co.jpへ
    ※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
    ※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
    ※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

半世紀を経て待望の名著復刊。
「構造」から映画を考える、シナリオ創作の代表的入門書!

1930年代ごろより活躍し、世界的にも名高い監督・小津安二郎の通称「小津組」の中核を担ったシナリオライター・野田高梧による、「脚本」の役割を真摯かつ実践的に説いた画期的な歴史に残る一冊。

本書は日本の脚本術の先駆けであり、1952年の初版刊行以来、何度も版を重ね改訂されてきました。取り上げるのは40~50年代の邦画、洋画、文学作品などですが、これらは今日においても作品づくりの「基礎」であり、「根底」を示しています。これまで数多くの脚本家、小説家の生涯の友として愛用され、名だたる人材を育ててきました。

最後に版を重ねてから16年。長らく絶版状態にあった本書の復刊を望む声は多く、今日においても脚本家、シナリオライターのみならず、あらゆる創作者にとって必携の一冊となっています。

「晩春」、「麦秋」、「秋刀魚の味」、そして「東京物語」…。小津安二郎監督の代表作を担い、日本映画の黄金期を築いた伝説的脚本家によるシナリオ創作論です。

▼著者プロフィール
野田高梧(のだ こうご)
1893年、北海道函館で生まれる。早稲田大学卒業後、1924年、松竹蒲田脚本部入社。第一作「骨盗み」(広津柳浪 原作)を脚色し、以後一貫して松竹の代表的脚本家として活動。1927年には小津安二郎の監督昇進第一作「懺悔の刃」を書く。1936年、初代日本シナリオ作家協会会長。1938年の「愛染かつら」は爆発的ヒット作となる。
戦後は「晩春」(1949年)以降、「麦秋」「東京物語」の「紀子三部作」を始めとする小津安二郎との共同脚本でも知られ、小津の盟友として活躍した。1968年に死去。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

復刊投票時のコメント(10件)

ぜひ読んでみたい (2015/11/24)

0

日本で初めて書かれたシナリオ技法書であると、鳥海尽三著の『アニメ・シナリオ入門』で知りました。氏は『昆虫物語 みなしごハッチ』『科学忍者隊ガッチャマン』『新造人間キャシャーン』など数々の名作を手がけた方ですが、この本を何十回も読まれたそうです。後学のためにも、是非復刊して頂きたい。 (2015/02/09)

1

犬

読みたい (2014/09/22)

0

物語構成に対する理解を深めたい (2014/03/13)

0

私が大学でシナリオを習ったときの教科書でした。シナリオを単なる「映画の本」ではなく、芸術としての映画のための礎となるものとして捉えています。これは絶対復刻して多くの人に読んで欲しい本です。 (2010/12/25)

0

もっと見る

ニュース

2016/07/05
『シナリオ構造論』復刊決定!

この商品は現在ご購入いただけません。

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る