復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

王妃の首飾り上・下

アレクサンドル・デュマ著/ 大久保和郎訳

2,200円(税込)

(本体価格 2,000 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:20ポイント

この商品は現在ご購入いただけません。

在庫切れ

お気に入りに追加

得票数:67票
王妃の首飾り
著者 アレクサンドル・デュマ著/ 大久保和郎訳
ジャンル 文芸書

商品内容

【発行】東京創元社 創元推理文庫シリーズ
【頁数】上巻640P、下巻624P
【備考】分売不可

・上巻
大革命前夜のフランス宮廷、ルイ16世と絶世の美貌を謳われた王妃マリ=アントワネットの前に現れたのは、名門ヴァロワ家の末裔と称する不遇の伯爵夫人ジャンヌ・ド・ラ・モット。彼女は貧しい境涯から抜け出ようと貴婦人たちに野心溢れる策謀の魔手をのばす。王妃とお気に入りの美女アンドレ、貴公子たちの純愛、そこに150万リーヴルの首飾りが登場し……愛と野望の宮廷絵巻。
・下巻
宝石商が持ち込んだ150万リーヴルの首飾りに激しく心を揺すぶられつつも、王妃はそれを退ける。そこで王妃に取り入った美貌の野心家ジャンヌが枢機卿を巻き込み暗躍を始める。王妃と瓜二つの女オリヴァ、謎の男カリオストロ伯、王妃に純愛を捧げる貴公子たち、策謀家ジャンヌの罠に落ちた王妃の運命は……? ブルボン王朝没落の遠因ともいわれる有名な「首飾り事件」とは?

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全66件

  • (2002/01/27)
    GOOD!0
  • (2002/01/23)
    GOOD!0
  • (2002/01/20)
    GOOD!0
  • マリーアントワネットの首飾り事件は知ってましたが、モンテクリスト伯で大ファンになったA・デュマの作品があるとは知りませんでした。ぜひ読んでみたいので復刊を希望します (2002/01/19)
    GOOD!0
  • 是非、よんでみたい! (2002/01/17)
    GOOD!0

もっと見る

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!