1. TOP
  2. brigitさんの公開ページ

brigitさんのページ

復刊リクエスト投票

ヘリオガバルスまたは戴冠せるアナーキスト

統合失調症の俳優、演劇家、詩人アントナン・アルトーが、凄まじいまでの贅沢と乱行に明け暮れた挙句、わずか18歳で殺されたローマ皇帝ヘリオガバルスを、どのように描いているのか、そして作者の「苦悩の現象学」とは何なのかを読んでみたい。 (2008/07/16)

ヘリオガバルスまたは戴冠せるアナーキスト
【著者】アントナン・アルトー

城の中のイギリス人

「オートバイ」のマンディアルグの著作だし、妖しいエロティシズムの匂いが漂っているから。 (2008/07/16)

城の中のイギリス人
【著者】A・ピエール・ド・マンディアルグ

イレーヌ

詩人アラゴンの著作だし、白水Uブックスから出ていたので、興味を惹かれて。 (2008/07/16)

イレーヌ
【著者】ルイ・アラゴン

超男性(白水Uブックス)

白水Uブックスから出ていた本で、興味を惹かれた頃にはもう絶版になっていたから。題名も面白いし。 (2008/07/16)

超男性(白水Uブックス)
【著者】アルフレッド・ジャリ

黒いいたずら

最近知った作家イーヴリン・ウォーの著作が読みたいから。 (2008/07/16)

黒いいたずら
【著者】イーヴリン・ウォー

もっと見る

brigitさん

brigitさん

プロフィール

[ニックネーム]
brigitさん

TOPへ戻る