復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

駒場さんのページ

駒場さん

児童書と古書が好き

復刊リクエスト投票

  • 行ってみたいな、童話の国

    【著者】長野まゆみ

    すさまじい官能美。これに尽きる。(2018/01/06)
  • 夜の子どもたち

    【著者】芝田勝茂

    硬質な文体ながらも子供にわかりやすい内容です。それにしてもカウンセラーが主人公の児童文学でもっと増えそうで増えませんね。(2017/10/06)
  • サマー・オブ・パールズ

    【著者】斉藤洋

    なんとも瑞々しい青春小説。それでいながら株や任侠の要素まであるひと夏の冒険譚である。
    主人公は好きな女の子に真珠の指輪を買うため、叔父の力を借りて株で百万円を手に入れる。普通ならばここでトラブルが起こるが、なんともあっさりと指輪をプレゼントしてしまう。しかし話が進むにつれて、主人公は本当に好きな女の子に気づく。
    洒落た映画を見るような感覚で読むことができる楽しい作品。ぜひとも復刊を。(2017/10/05)
  • 電話がなっている

    【著者】川島誠

    めでたく角川文庫『セカンド・ショット』にて日の目を浴びることになった。しかし「幸福とは撃ち終わったばかりのまだ熱い銃」が入っていない。どうしても完全版として復刊してもらいたい。
    表題作は子どもの性を書いた名作である。だれもが通った性への憧れや快感、痛み、怒り、戸惑いをすべて書いた。主人公は性を通過して乾ききった大人になる。同時に少女は生身の人間として生きるために死んでいく。すべての子どもに関わる人々に読んでもらいたい。(2017/10/05)
  • ものまね鳥を撃つな

    【著者】三田村信行

    挿絵がなんともかっこいい。これほど斬新な構図の表紙があるだろうか。遠い国のカーニバルを思わせるような華やかさと、わけのわからない不安が混在している。
    物語は王道とも言える内容である。小学生の主人公は、遠い親戚のお兄さんと仲良くなる。そして秘密の飛行法を教えてもらう。ここまでのエピソードは実にいきいきとしたものだ。お兄さんがプロボクサーをめざして試合する様子や、朝に集まって仲間たちと飛ぶ練習をする様子は、わたしたちに子どもの頃の記憶を呼び起こさせる。
    しかし、物語は転調する。空を飛ぶことに目をつけられ、主人公たちは追い詰められる。彼らはどうにかねばる。
    ここまで来ればハッピーエンドを予想するだろう。しかし、この作品ではそのまま主人公は追い詰められる。仲間たちには不幸が起こり、飛ぶことをあきらめる。
    結末は複雑な味わいだ。清々しい希望に満ち溢れてもいるが、主人公のエゴイズムに失望もさせられる。そして秘密を持ち続けることの痛みを描き切る。
    ぜひとも多くの人に読んでもらいたい作品である。(2017/10/05)

もっと見る

T-POINT 貯まる!使える!