復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

ヒラキさんのページ

復刊リクエスト投票

  • エリノア

    【著者】谷口ひとみ

    私の尊敬する偉人、吉田松陰が29歳と言う若さで死刑になり、この世を去る前日に、下記のような言葉を残しております。

    人の人生には春夏秋冬が備わっており、20歳で亡くなった人には20歳の四季があり、30歳で亡くなった人には30歳の、100歳で亡くなった人には100歳の四季がある。
    人の一生には必ず四季が備わっており、その一生の中で、花を咲かせ、実をつけているはずである。
    それが単なるモミガラなのか、成熟した栗の実であるかは私の知るところではない。

    吉田松陰の最期のこの言葉は、弟子たちを突き動かし、明治維新に繋がったとされています。

    18歳と言う若さでこの世を去った本作品の谷口ひとみさんにも、勿論四季が備わっており、大きな実をつけていると確信しております。

    生前の谷口ひとみさんの心の内は、私の知れるところではございませんが、18年と言う短い時間で、大きな大きな実を育てていましたよと、
    あなたの人生は無意味ではなかったよという事を、少しでも多くの人に知ってもらいたいし、私自身も知りたいと思っております。
    もう一度復刊を、心からお願い申し上げます。(2022/08/13)

T-POINT 貯まる!使える!