復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

ballpenさんの公開ページ 復刊投票コメント一覧

復刊リクエスト投票

  • ロック ベスト・アルバム・セレクション

    【著者】渋谷陽一

    私もすでに持っている本なので、一人でも今の若い人達を含めた多くのファンに読んでもらいたいからです。同時に、CDの売り上げが不況のレコード業界にとっても重要なレコード・ガイドブックとして役に立つ内容になっているので、CD業界の活性剤として効果のある1冊だと思っています。(2014/02/22)
  • フロイドを読む

    【著者】岸田秀

    私も既に持っている優れた本なので今の若い人達も含めた多くの人達に読んで欲しいからです。またこのような優れた本がこのまま永久にオクラ入りになってしまうのが非常に勿体無いのと同時に悔しいというのも大きな動機の1つです。(2004/09/26)
  • 幻想を語る

    【著者】岸田秀(対談集)

    既に私も持っている優れた本なので今の若い人達も含めてもっと多くの人達に読んで欲しいからです。またこのような素晴らしい本がこのまま永久にオクラ入りしてしまうのが勿体無いと同時に悔しいというのも大きな動機の1つです。(2004/09/26)
  • 油井正一のジャズ名盤物語 ベーシック・コレクション126

    【著者】油井正一

    私も既に持っている非常に優れた本なので、今の若い人達も含めてもっと多くの人達に読んでもらいたいからです。またこのような素晴らしい本がこのまま永久にオクラ入りになってしまうのは非常に勿体無いと同時に非常に悔しいというのも大きな動機の1つです。また現在は音楽CDの売上の低迷が続いていて消費者も「どの音楽CDを買って良いのか分からない。」という完全な需要不足の状態が続いているレコード不況の状態に陥っています。このような今こそこのような優れたレコード・ガイドブックが必要なのではないかと考えている次第です。(2004/08/25)
  • 音楽紀行

    【著者】吉田秀和

    私も既に持っている優れた本なので、今の若い人達も含めてもっと数多くの人たちに読んでもらいたいからです。またこのような非常に素晴らしい本がこのまま永久にオクラ入りになって歴史の彼方に埋もれて行ってしまうのは、非常に残念であると同時に悔しいというのも大きな動機の1つです。(2004/08/11)
  • 音楽―展望と批評〈3〉

    【著者】吉田秀和

    私も既に持っている優れた本なので、今の若い人達も含めてもっと数多くの人たちに読んでもらいたいからです。またこのような非常に素晴らしい本がこのまま永久にオクラ入りになって歴史の彼方に埋もれて行ってしまうのは、非常に残念であると同時に悔しいというのも大きな動機の1つです。(2004/08/08)
  • 音楽―展望と批評〈2〉

    【著者】吉田秀和

    私も既に持っている優れた本なので、今の若い人達も含めてもっと数多くの人たちに読んでもらいたいからです。またこのような非常に素晴らしい本がこのまま永久にオクラ入りになって歴史の彼方に埋もれて行ってしまうのは、非常に残念であると同時に悔しいというのも大きな動機の1つです。(2004/08/08)
  • 音楽―展望と批評〈1〉

    【著者】吉田秀和

    私も既に持っている優れた本なので、今の若い人達も含めてもっと数多くの人たちに読んでもらいたいからです。またこのような非常に素晴らしい本がこのまま永久にオクラ入りになって歴史の彼方に埋もれて行ってしまうのは、非常に残念であると同時に悔しいというのも大きな動機の1つです。(2004/08/08)
  • 世界の指揮者

    【著者】吉田秀和

    私も既に持っている優れた本なので、今の若い人達も含めてもっと数多くの人たちに読んでもらいたいからです。またこのような非常に素晴らしい本がこのまま永久にオクラ入りになって歴史の彼方に埋もれて行ってしまうのは、非常に残念であると同時に悔しいというのも大きな動機の1つです。(2004/08/08)
  • LP300選

    【著者】吉田秀和

    私も既に持っている優れた本なので、今の若い人達も含めてもっと数多くの人たちに読んでもらいたいからです。またこのような非常に素晴らしい本がこのまま永久にオクラ入りになって歴史の彼方に埋もれて行ってしまうのは、非常に残念であると同時に悔しいというのも大きな動機の1つです。(2004/08/07)
  • 怒りの精神分析

    【著者】ジャック・バーンバウム(著) 岸田秀(訳)

    私も既に持っている優れた本なので、若い人達も含めてもっと数多くの人たちに読んでもらいたいからです。またこのような素晴らしい本がこのまま永久にオクラ入りになって、歴史の彼方に埋もれて行ってしまうのは非常の残念であると同時に悔しいというのも大きな動機の1つです。(2004/08/06)
  • メディアとしてのロックンロール

    【著者】渋谷陽一

    サイト上では「この本は現在、刊行中です。」とありますが「音楽が終った後に」と「メディアとしてのロックンロール」は全く別の本です。「音楽が終った後に」は「メディアとしてのロックンロール」から抜粋され大幅に加筆されたものです。因みに「メディアとしてのロックンロール」は1979年にロッキング・オン社から出版されました。私も既に持っている優れた本なので今の若い人も含めて、もっと数多くの人達に読んでもらいたいからです。またこのような非常に素晴らしい本が永遠に日の目を見ないで、このままオクラ入りになって歴史の彼方に埋もれて行ってしまう事が勿体無いのと同時に悔しいというのも大きな動機の1つです。(2004/08/04)
  • 倒錯-幼女連続殺人事件と妄想の時代-

    【著者】岸田秀 伊丹十三 福島章(共著)

    私も既に持っている優れた本なので、今の若い人達も含めてもっと数多くの人達に読んでもらいたいからです。またこのような優れた内容の本がオクラ入りになったまま歴史の彼方に埋もれていってしまうのは非常に勿体無いと同時に悔しいというのも大きな動機の1つです。(2004/08/04)
  • なぜ日本人はいつも不安なのか-寄る辺なき時代の精神分析

    【著者】岸田秀 町沢静夫(共著)

    私も既に持っているすぐれた本なので、若い人達を中心にもっと数多くの人達に読んでもらいたいからです。また岸田秀の事を知っている人自体がまだ少ないので、もっと岸田秀を広く知ってもらいたいというのも大きな動機の1つです。(2004/08/04)
  • モダン・ジャズ入門 (THE FIRST BOOK OF MODERN JAZZ)

    【著者】油井正一(編)

    私も既に持っている優れた本なので今の若い人も含めて、もっと数多くの人達に読んでもらいたいからです。またこのような非常に素晴らしい本が永遠に日の目を見ないで、このままオクラ入りになって歴史の彼方に埋もれて行ってしまう事が勿体無いのと同時に悔しいというのも大きな動機の1つです。(2004/07/31)
  • ジャズ-その歴史と鑑賞-

    【著者】ヨアヒム・E・ベーレント(著)  油井正一(訳)

    私も既にもっている優れた本なので今の若い人達も含めて、もっと数多くの人たちに読んでもらいたいからです。またこのような非常に素晴らしい本がこのまま永久に日の目を見ないでオクラ入りになって、時代の彼方に埋もれて行ってしまうのが勿体無いと同時に悔しいというのも大きな動機の1つです。(2004/07/31)
  • ジャズ・ピアノ-ベスト・レコード・コレクション-

    【著者】油井正一(編)

    私も既に持っている優れた本なので、もっと数多くの人達に読んでもらいたいからです。またこのような素晴らしい本が歴史の彼方に埋もれて行ってしまうのは極めて勿体無いからというのも大きな動機の1つです。(2004/07/29)
  • ブルーノートJAZZストーリー

    【著者】油井正一 マイケル・カスクーナ(編)

    私も既に持っている優れた本なので今の若い人達も含めてもっと数多くの人達に読んでもらいたいからです。またこのような優れた本が歴史の彼方に埋もれて行ってしまうのは大変勿体無いというのも大きな動機の1つです。(2004/07/29)
  • ジャズCD ベスト・セレクション

    【著者】油井正一

    私も既に持っている優れた本なので、もっと数多くの人達に読んでもらいたいからです。またこのような素晴らしい本が歴史の彼方に埋もれてしまうのが非常に残念だというのも大きな動機の1つです。(2004/07/29)
  • 魂のゆくえ

    【著者】ピーター・バラカン

    このような素晴らしい本が歴史の彼方に埋もれてしまうのが非常に残念だから。(2004/07/29)

T-POINT 貯まる!使える!