復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

【バーゲンブック】関西のモダニズム建築

石田潤一郎

1,925円(税込)

(本体価格 1,750 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:17ポイント

この商品は現在ご購入いただけません。

在庫切れ

お気に入りに追加

※当商品は、バーゲンブックです。

◎バーゲンブック(自由価格本)とは、出版社の倉庫に在庫されていた本を非再販本として出庫するものです。アウトレット本とも呼ばれます。 リサイクルブック(中古本・古書)ではありません。
◎出版社は、自由価格本に指定した商品を通常の新本として扱うことはありません。
◎バーゲンブックには、非再販本である旨を明記するため、シール貼付・捺印・罫線引きなどの処置がなされています。また、商品の性質上、若干の汚れやキズがある場合がございます。これらに起因する返品や交換はお受けできません。あらかじめご了承ください。
著者 石田潤一郎
出版社 淡交社
判型 B5
頁数 352 頁
ジャンル エンタメ
ISBNコード 9784473039453

商品内容

「バーゲンブック・フェア 2023年11月」対象商品。
通常税込価格:3,850円のところを50%OFFでご提供いたします。数に限りがございますので、お早めにどうぞ。


モダニズム建築とは何か? その答えは「関西」にある。
1920~60年代、つまり大正期、昭和期の戦前から高度成長期にかけて誕生した、歴史様式にこだわらない闊達な造形。世界をリードしたつくり手たちの進取の気性。関西の自由な建築風土が生んだモダニズム建築の数々。

▼目次
第1部 1920~40年代-初々しいモダニズム
--大阪朝日ビル-近代空間の発見
--御影公会堂-近代建築の「粋」
--本野邸・栗原邸・京都工芸繊維大学3号館-本野精吾のモダニズム
 ほか
第2部 1950年代-白い機能主義
--相互タクシー営業所建物-路傍のモダニズム
--大阪女学院ヘール・チャペルと北校舎-戦後復興期のヴォーリズ建築
--大阪市営古市中住宅-1953年住宅団地のモダニズム
 ほか
第3部 1950年代以降-モダンの境界へ
--京都会館-伝統と近代の葛藤
--北御堂(本願寺津村別院)の建築-斜めから、正面を。
--京都タワーの憂鬱-論争と偏愛のはざまで
 ほか

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!