復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
2,420円(税込)

オカルト怪異事典

寺井広樹

2,420円(税込)

(本体価格 2,200 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:22ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 寺井広樹
出版社 笠間書院
判型 A5
頁数 456 頁
ジャンル エンタメ
ISBNコード 9784305709486

商品内容

UFO、宇宙人、心霊、予言、UMA、超常現象、都市伝説、超古代文明、人物…。古今東西の超自然現象や不思議な事実を網羅した、オカルト事典の集大成!
ウンモ星人、バミューダ・トライアングル、クトゥルー神話、ギリシャの天文計算機、ケネス・アーノルド事件、宜保愛子、赤い紙・青い紙、サードマン現象、アレイスター・クロウリー、犬鳴村伝説、テレポーテーション、フィラデルフィア計画、マハーバーラタ、カルナック列石、生まれ変わりの村、あなたの知らない世界、死海写本、おわかりいただけただろうか?、食人族、アトランティス大陸、シケイダ3301など900項目以上のオカルト・怪異的事象を50音順に解説。

「オカルト&怪異」の世界にようこそ。
「オカルト」という言葉から、皆さんは何をイメージするでしょうか。
UFO、ネッシー、心霊番組、ノストラダムスの大予言、怪奇児童書、ホラー映画、超常現象、都市伝説、超古代文明、宇宙人など、人によって思い浮かべるものはさまざまだと思います。

オカルト(occult)の定義は、
一、超自然の現象。神秘的現象。
二、目に見えないこと。隠れて見えないこと。
とされています(デジタル大辞泉)。語源は「隠されたもの」を意味するラテン語で、そこから一の意味が派生したようです。

一方、怪異とは、
一、現実にはありえないような、不思議な事実。また、そのさま。
二、化け物。変化。妖怪。
とされています(同)。

目に見えない超自然現象と、現実にはありえない不思議な事実。どちらも雲をつかむような不確かなもので、だからこそ私たちを強烈に引き寄せる魅力に満ちています。
本書では、そんな「オカルト&怪異」を集め、「読む事典」として解説しました。
(中略)
現在は、デジタルカメラの普及やCG技術の向上によって、オカルティックな画像や映像が誰でも作れるようになりました。また、インターネットが普及し、ヤラセかどうかがすばやく検証できる時代です。しかし、それでも世界は、未だ解明されていない謎に満ちています。そんな世界に触れる扉として、本書がお役に立てば…と願っています。
…「はじめに」より

▼目次
◆特別寄稿
--オカルトに導かれて 辛酸なめ子
--私自身の超常現象体験 大槻ケンヂ

◆はじめに
オカルト怪異事典(50音順)
おわりに
ジャンル別索引

◆column
--01 世界各地でモノリス発見。その正体は?
--02 事故物件に住んでみた
--03 やってはいけないオカルト儀式
--04 オカルト番組はなぜ消えたのか
--05 コロナを予言した漫画作品
--06 オカルト界隈で話題の「コリアタウン殺人事件」

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!