復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
9,460円(税込)

憂鬱な愛人 新装版 上・下巻

松岡譲

9,460円(税込)

【送料無料】

配送時期:3~6日後 ~ 2020/12/中旬

Tポイント:86ポイント

この商品は現在全巻販売中です

各巻のお求めはこちら

数量: 在庫数:17 個

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

得票数:73票
憂鬱な愛人 上・下
著者 松岡譲
出版社 復刊ドットコム
判型 A5
ジャンル 文芸書

商品内容

松岡譲の幻の名著『憂鬱な愛人』が、新仮名遣いで約90年ぶりに復刊!
夏目漱石の長女との結婚の顛末を描く。


著者の松岡譲は、夏目漱石の娘婿。近年は、文学者たちを主人公とするゲーム「文豪とアルケミスト」の登場人物としても人気が高い。
本書は、松岡が夏目家の令嬢・筆子と結婚するまでのいきさつが書かれた長編小説である。筆子との結婚を望み破れた久米正雄が先に発表した『破船』により、当時の世間は、久米に同情。松岡は、冷たい目にさらされた。そして、結婚から10年目に、松岡自身がようやく結婚に至るまでの真実をもとに書いた小説が、本書と言われている。(※諸説あります)
トータル1,200ページにもおよぶ大作を、上・下巻で復刊。
すでに図書館にも蔵書がない本作を、現代の人にも読みやすい新仮名遣いにして初復刻する。

▼内容
夏目漱石の弟子であった松岡譲が、夏目家の長女・筆子と結婚するまでのいきさつ、親友を失い、仲間から孤立し、先輩を敵に回し、世間の非難を浴びたことを詳細に記した長編作品。

※本書は、1928~31年に第一書房より刊行されたものを再編集して復刊するものです。

関連キーワード

キーワードの編集

各巻でのご購入

全2件

読後レビュー

全1件

  • 「憂鬱な愛人(上巻)」を読んで

    現代語になっていて読みやすかったし、幻の著作と呼ばれていて手に入らないと思っていたものを読めてよかったです。
     主人公の心情などの描写がとても分かりやすく、読んでいる手が止まらなくなりました。下巻が楽しみです。 (2020/09/27)

    GOOD!0
  • レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全72件

  • これまで存じていない人でしたが、説明文を読んでことはありませんが、興味ぶかい人物だと思ったのでのでぜひ読んでみたいです。 (2020/06/28)
    GOOD!0
  • 文豪とアルケミストで興味を持ちました。
    破船事件により作家生命を絶たれてしまった作者が、どのような文を書いていたのか。
    また事件がなければ文豪として大成したのか。それほどの器の持ち主だったのか。
    是非、自分の目で確かめてみたいです。

    また、表紙の青と赤の花のデザインもとても好きです。実際に手にとってみたいです。 (2020/06/24)
    GOOD!1
  • あまり新思潮でも知られていない松岡譲さんの作品です是非もっとたくさんの人に知ってもらいたいです。 (2020/05/21)
    GOOD!0
  • 今、市場には(古本市場は例外だが)松岡譲の著書はあまり出回っていない。この本は松岡の義父である夏目漱石についても触れることができるため、大変気になっているから。 (2020/04/28)
    GOOD!0
  • 一連の漱石門下生の作品に興味があり、憂鬱な愛人は読みたい本の一つです。復刊を切実に希望します。 (2020/03/20)
    GOOD!0

もっと見る

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!