1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『新装完全版 大国政治の悲劇(ジョン・J・ミアシャイマー 著 / 奥山真司 訳)』 販売ページ

新装完全版 大国政治の悲劇

新装完全版 大国政治の悲劇

  • 著者: ジョン・J・ミアシャイマー 著 / 奥山真司 訳
  • 出版社: 五月書房新社
  • 判型: A5
  • 頁数: 672 頁
  • ISBN: 9784909542175
  • ジャンル: 専門書
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 5,400 円 (税込)
    (本体価格 5,000 円 + 消費税8%)
    【送料無料】
  • Tポイント: 50ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

好評につき増刷決定!
装いも新たに完全復刊! “リアル・ポリティクスの国際標準”


今、最も注目すべき国際政治学者ミアシャイマーの主著。原著オリジナル版に書き下ろし「日本語版に寄せて」を加え、2014年改訂版ヴァージョンの最終章「中国は平和的に台頭できるか?」も収載。訳者 奥山真司による解説も充実。米中の衝突を確実視し、世界各国の外交戦略を揺るがす、“攻撃的現実主義(オフェンシヴ・リアリズム)”とは!? 過去200年間の世界史的事実の検証から、きわめて明晰、冷徹、論理的に国際システムの構造を分析、北東アジアの危機と日本の運命も的確に予測する。

ミアシャイマーによる北東アジアの将来の見通しはあまり華やかなものではなく、むしろ彼自身が認めているように「悲劇的」なのだ。そしてこの「悲劇」は、モーゲンソーの言うような「人間の愚かさ」にあるのではなく、国際社会(国際システム)の構造による、人間の意志ではコントロールできないところで引き起こされるものだ。…本書のタイトルが『大国政治の“悲劇”』である理由は、まさにここにある。
---「訳者解説」より

▼目次
まえがき / 日本語版に寄せて
はじめに
第1章〈イントロダクション〉
オフェンシヴ・リアリズム(攻撃的現実主義) / リベラリズム 対 リアリズム / リベラルなアメリカにおける権力政治(パワー・ポリティクス)
第2章〈アナーキーとパワーをめぐる争い
国家はなぜパワーを求めるのか / 覇権の限界 / パワーと恐怖 / 国家目標の優先順位 / 世界秩序の創造 / 国家間の協力
第3章〈富とパワー〉
パワーの物質的な基盤 / 人口と富:軍事力の根源 / 軍事力の経済的基礎 / 軍事的潜在力と軍事力のギャップ
第4章〈ランドパワーの優位〉
征服 対 強制 / 独立シーパワーの限界 / 戦略エアーパワーの限界 / 陸軍の圧倒的な影響力 / 水の制止力 / 核兵器とバランス・オブ・パワー / 軍事力の計測の仕方
第5章〈生き残りのための戦略〉
実践的な国家の目標 / パワー獲得のための戦略 / 侵略国を抑止するための戦略 / 避けるべき戦略 / リアリスト的な理由によるパワーの譲歩
第6章〈大国の実際の行動
日本 1868~1945年 / ドイツ 1862~1945年 / ソヴィエト連邦 1917~91年 / イタリア 1861~1943年 / 自滅的な行動? / 核武装競争
第7章〈イギリスとアメリカ:オフショア・バランサー〉
アメリカのパワーの勃興 1800〜1900年 / アメリカとヨーロッパ 1900~90年 / アメリカと北東アジア1900〜90年 / イギリスのグランドストラテジー 1792~1999年
第8章〈バランシング 対 バック・パッシング〉
どのような時に国家はバック・パッシングをするのか / 革命・ナポレオン時代のフランス 1789~1815年 / ビスマルク時代のプロイセン 1862~70年 / ヴィルヘルム皇帝時代のドイツ 1890~1914年 / ナチス・ドイツ 1933~41年 / 冷戦 1945~90年
第9章〈大国間戦争の原因〉
構造(structure)と戦争 /「二極システム」対「多極システム」/「安定した多極システム」対「不安定な多極システム」/ 近代ヨーロッパの大国間戦争 1792~1990年 / 分析と結論
第10章〈中国は平和的に台頭できるか?〉
オフェンシヴ・リアリズムのまとめ / アメリカの覇権の追求 / サムおじさんの後を追って / 来るべきバランシング同盟 / 戦争は起こるか? / 平和的台頭の希望
原注
訳者解説とあとがき

▼著者プロフィール
ジョン・J・ミアシャイマー
1947年生まれ。シカゴ大学教授。専門は国際関係論、特に安全保障分野。「オフェンシヴ・リアリズム」を提唱、論文、著作多数。2003年には米軍のイラク侵攻を批難してネオコンたちと対立。2006年、スティーブン・ウォルトと共に、アメリカの外交政策に影響をおよぼすイスラエル・ロビーの問題を論じ、それをまとめた書籍『イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策』が世界的ベストセラーになる(2007年、日本版は講談社)。『なぜリーダーはウソをつくのか』(2011年)も10の言語に翻訳され、各国で話題に(日本版は奥山真司訳、中央公論新社)。

奥山真司(おくやま まさし)
1972年生まれ、横浜市出身。カナダのブリティッシュ・コロンビア大学を卒業。英国レディング大学大学院で修士号(MA)と博士号(PhD)を取得。戦略学博士。国際地政学研究所上席研究員、青山学院大学国際政治経済学部非常勤講師。著書に『地政学 -アメリカの世界戦略地図-』(五月書房)など。訳書に『平和の地政学』(N.スパイクマン、芙蓉書房)、『米国世界戦略の核心』(S.ウォルト、五月書房)、『幻想の平和』(C.レイン、五月書房)、『戦争にチャンスを与えよ』(E.ルトワック、文藝春秋)などがある。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

復刊投票時のコメント(4件)

肴

出版社の倒産による絶版だが、内容は客観的な分析がされていて評価も高く、ぜひ読んでみたい。 (2016/07/12)

0

是非読んでみたい。 (2016/03/18)

0

国際政治学における「オフェンシヴ・リアリズム(攻撃的現実主義)」の論者の著者の代表作だからです。出版社の倒産で絶版したのは残念です。 (2016/01/29)

0

2015年11月13日の「パリ同時多発テロ」があり、それに対応する大国の政治の本質を、この本から学びたい。 この本は2014年10月24日という最近の出版なのに、2015年11月22日現在、国内で数多く探した限りの書店では、すべて売り切れです。よほど人気大の本なのですね。復刊を強く希望します。 (2015/11/22)

1

ニュース

2019/03/18
『新装完全版 大国政治の悲劇』復刊決定!

この商品は現在販売中です。

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る