1. TOP
  2. ショッピング
  3. 文芸書
  4. 『夜はやさし(F・スコット・フィッツジェラルド 著 / 森慎一郎 訳)』 販売ページ

夜はやさし

夜はやさし

  • 著者: F・スコット・フィッツジェラルド 著 / 森慎一郎 訳
  • 出版社: 作品社
  • 判型: 四六判・上製
  • 頁数: 600 頁
  • ジャンル: 文芸書
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 4,536 円 (税込)
    (本体価格 4,200 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 42ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

ヘミングウェイらが絶賛したフィッツジェラルド最後の長篇!
オリジナル新訳版と小説が完成するまでの苦悩を赤裸々に綴った書簡選。

精神を病んだ妻ゼルダと、アルコールに溺れる自身の姿を哀切に描く、フィッツジェラルドの自伝的長篇小説は、数奇な運命を辿った。『グレート・ギャツビー』発表後の1925年、フィッツジェラルドはすぐさま次なる長篇小説に撮りかかるものの、なかなか執筆が進まない。そうしている間にも、フィッツジェラルドの時代といもいうべき1920年代が終わってしまう。さらに妻のゼルダが精神を病んで入退院を繰り返す。そして構想から9年後の1934年、小説はようやく完成する。しかし、小説は期待したほど売れなかった。失意の中、フィッツジェラルドは小説の改訂を試みるが、志半ばで死を迎える。

◆附・『夜はやさし』関連書簡選
書簡選は、小説の構想を思いついて編集者に宛てた手紙に始まり死の直前に至るまでの『夜はやさし』小説に関連する書簡を編集したもの。書簡を併せ読むことで、『夜はやさし』の魅力がよりいっそう強まる。フィッツジェラルド・ファン、待望の書。

解説:村上春樹「器量のある小説」
自らもフィッツジェラルドの作品を訳し、『夜はやさし』に思い入れを持つ村上春樹による懇切な解説。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

復刊投票時のコメント(45件)

フィッツジェラルドの最高傑作と言われています。是非、復刊をお願いします。 (2008/05/26)

0

フィッツジェラルドの現実の生活が没落を迎えた辺りの作品なので、とても興味があります。 (2008/02/24)

0

読んでみたいです (2007/09/02)

0

epi

epi

よろしくお願いします。 (2007/07/25)

0

読んでみたいです。「優雅な生活が最高の復讐である」を読んで興味を持ちました。 (2007/07/19)

0

もっと見る

ニュース

2014/05/16
『夜はやさし』復刊決定!

この商品は現在販売中です。

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る