復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
1,980円(税込)

恐るべき旅路 火星探査機「のぞみ」のたどった12年

松浦晋也

1,980円(税込)

(本体価格 1,800 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:18ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:25 個

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

得票数:231票
恐るべき旅路 -火星探査機「のぞみ」のたどった12年-
著者 松浦晋也
出版社 発行:朝日新聞出版 / 発売:復刊ドットコム
判型 四六判
頁数 440 頁
ジャンル 専門書

商品内容

火星探査機「のぞみ」の偉大なる挫折が、のちの「はやぶさ」の感動を生んだ---

プロジェクトの開始から12年。度重なるトラブルを克服して火星を目指しながら、2003年末、ついに周回軌道突入を断念した火星探査機「のぞみ」。
27万人の名前の刻まれたプレートとその祈りを抱き、火星へと飛び立った「のぞみ」に何が起きたのか。
のちの小惑星探査機「はやぶさ」開発へとつながるその苦闘のすべてを、あますところなく描いた宇宙科学ドキュメンタリーの傑作が、ついに復刊します。

JAXAでは、2010年に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」の後継機である「はやぶさ2」の打ち上げを2014年に予定。帰還は東京オリンピックが開催される2020年(JAXA公式サイトより。2013年11月現在)。
<太陽系の起源・進化と生命の原材料物質の解明を目指す>という、壮大な「はやぶさ2」のプロジェクトを前に、そこにいたるためには「偉大なる挫折」があったことを、改めて知ることのできる名著です。

◆JAXA「小惑星探査機 はやぶさ2」公式サイト
http://www.jaxa.jp/projects/sat/hayabusa2/index_j.html

※本作品は2005年に朝日ソノラマから刊行、2007年に朝日新聞社より新版が刊行されました。本書は、朝日新聞社刊の同名本を底本とした復刻版です。

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

全1件

復刊投稿時のコメント

全231件

  • 丁度今はやぶさ2がリュウグウ探査中で興味がある人は多いのでは (2018/10/05)
    GOOD!0
  • 「のぞみ」については詳しく知らなかったので、ぜひ読んでみたいです。 (2017/10/03)
    GOOD!0
  • こんな本があったのを知りませんでした。
    ぜひ読みたいです (2016/10/06)
    GOOD!0
  • 本当にひどい内容でした。実現不可能な予算、実現不可能な重量制限。それでも何とか完成させ、のぞみは打ちあがる。順調な飛行と思ってたところで、まさかの致命的トラブル発生。それを執念と奇策で乗り越えたところで、さらなる危機の連続が襲う。次々と克服していき、こんなに頑張ったのなら最終的には報われるのだろうと読んでいたところで絶望的な結末。最後に、関係者の一人川口淳一郎が激しい怒りに震えているだけだった。こんな内容ですが、それでもいいという人は買って読めばいいと思います。

    ちなみに、「はやぶさ、そうまでして君は」をセットで買って読むと、単品で読むより100倍感動することを絶対保障します。 (2013/11/13)
    GOOD!1
  • 「のぞみ」の失敗についてはニュースでは知っておりましたが、こんな本があったなんて知りませんでした。ぜひ、読んでみたいと思いリクエストしました。 (2013/11/06)
    GOOD!0

もっと見る

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!