復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

刑事証拠開示の研究 [オンデマンド版]

酒巻匡

刑事証拠開示の研究 [オンデマンド版]

7,700円(税込)

(本体価格 7,000 円 + 消費税10%)

【送料無料】

配送時期:2020/10/上旬

Tポイント:70ポイント

この商品は現在ご購入いただけません。

在庫切れ

お気に入りに追加

得票数:3票
刑事証拠開示の研究
著者 酒巻匡
出版社 弘文堂
判型 A5
頁数 340 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784335353017

商品内容

刑事証拠開示の問題を合理的に解決する道すじを見出す名著、復刻版!
刑事訴訟における証拠開示の問題に関する議論において、昭和44年に最高裁判例により訴訟指揮権に基づく証拠開示命令という解決が示されました。
しかし、そこには更に考察すべき課題が残されており、本書はそのような問題意識に基づき、証拠開示につき先進的な動きを示している諸国の法制の比較検討を踏まえて、わが国の刑事訴訟における証拠開示の問題につき、解釈論・立法論の両面にわたり考察を加えることを目的とする一冊です。

▼主要目次
◎はしがき
◎序
◎第一章 わが国の問題状況
--第一節 証拠開示問題の出現と展開
--第二節 証拠開示をめぐる裁判例
--第三節 小結

◎第二章 アメリカ合衆国における刑事証拠開示の動向
--第一節 証拠開示をめぐる論争
--第二節 証拠開示制度の発展
--第三節 アメリカ合衆国諸法域における証拠開示の現状
--第四節 被告人側に有利な証拠の開示をめぐるアメリカ法の動向
--第五節 被告人側から検察側に対する開示をめぐる問題状況
--第六節 小結

◎第三章 イギリスおよびカナダの刑事証拠開示改革案
--第一節 イギリスにおける刑事証拠開示改革案
--第二節 カナダにおける刑事証拠開示改革案

◎第四章 考察と提言
--第一節 比較法的考察
--第二節 わが国の問題の考察と提言

◎結語

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全3件

  • 現実がこの本に近づきつつあります! (2005/03/29)
    GOOD!0
  • 裁判の迅速化を考える上で欠かせない証拠開示に関する先駆的な研究。 (2003/03/01)
    GOOD!0
  • 古書としても非常に手に入りにくい状況となっています。また、
    司法制度改革のなかで、証拠開示はトピックなテーマとなってお
    り、この本を復刊する意義は大きいと思います。 (2002/07/19)
    GOOD!0

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!