復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

キューティーハニー THE ANOTHER 〔完全版〕

永井豪 原作 / 石川賢 岡崎優 漫画

1,980円(税込)

(本体価格 1,800 円 + 消費税10%)

amazon.co.jpにてお買い求めください

amazon.co.jpへ

※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。

お気に入りに追加

得票数:17票
キューティーハニー(岡崎優版)
著者 永井豪 原作 / 石川賢 岡崎優 漫画
出版社 マンガショップ
判型 B6
頁数 384 頁
ジャンル コミック・漫画
ISBNコード 9784775914540

商品内容

石川賢コンプリート版と幻の岡崎優版をカップリングした、夢のハニー本ここに完成!

原作者・永井豪氏自らの執筆による『キューティーハニー』は、『あばしり一家』終了直後の「週刊少年チャンピオン」1973年第41号(10月1日号)から翌年第15号(4月1日号)まで連載された。TVアニメ連動作品の常として、本作には同名の競作版が、複数の作家によって描かれている。

岡崎優氏は、講談社の児童向けTV情報誌「テレビマガジン」1973年10月号から翌年2月号まで、同じく講談社の月刊少女マンガ誌「なかよし」1973年11月号から翌年1月号まで、ダブル連載を手掛けた。少女漫画のテイストを残す氏の絵柄は、少女を主人公としたこの作品によくマッチしている。岡崎版では、ハニーがアンドロイドであることが明言されていないが、これは対象読者層に鑑み、彼女の背負う悲劇性を緩和しようという配慮だろう。

「テレマガ」連載版第1話は、パンサークローを「ひょうのつめ」と表記しているなど、細部が固まり切っていない段階でコミカライズに着手した形跡がある。その後も基本的にはアニメ脚本をベースとした内容で、第3話からはハニーフラッシュの際に着衣がはじけ飛ぶ描写が加わり、シスタージルの仮面もTVアニメに近いデザインに改められた。

「なかよし」連載版は、登場パンサーが「テレマガ」連載版と完全に重複しており、両バージョンを比較してみても面白いかもしれない。読み手が少女であることを意識してか、やはりアクションよりも学園や寮での生活描写に重きを置く傾向が見られる。第2話からのハニーの服が、襟のないTVアニメ準拠スタイルになる点も「なかよし」版の特徴だ。両者とも、今回が初の単行本化となる。

石川賢氏は、秋田書店の少年月刊誌「冒険王」1973年11月号から翌年4月号まで、同じく秋田書店の「別冊冒険王 映画テレビマガジン」1973年11月号から翌年2月号までのダブル連載。登場パンサーのうち、トマホークパンサー、イーグルパンサー、ツインパンサー、ドリルパンサーなどは、氏がTVアニメ用にデザイン原案も描いており、その一方でジェットパンサーやアトミックパンサーなど、TVに登場しないオリジナルの敵も多い。両連載間で登場パンサーの重複はなく、また学園描写がほぼ存在しない点でも岡崎版とは好対照をなしている。まず事件性から導入される点も石川版の特徴で、氏が得意とする緩急に満ちたバイオレンス描写は冴えに冴え、独特の悲壮感とセンチメンタリズムを内包しつつ、カタルシス溢れる痛快バトルストーリーに徹している。

殊に「映画テレビマガジン」版第4話などは、敵も含めて完全に忍者マンガのノリ。氏が同誌で本作の直前まで『変身忍者 嵐』を連載していたことも、蛇足ながら追記しておこう。

「冒険王」版は、過去に単行本化され、「映画テレビマガジン」版も一部、または全部がアンソロジーなどに所収された例はあるが、そのすべてが一冊に収録されるのは今回が初めて。正に「完全版」である。

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

全1件

  • 石川賢最高

    永井豪のハニーはいろんなVersion?のを見たのですが、石川賢のは今回初めて見ました。画風は昔の石川ですが、やっぱり迫力ある画ですね。画は石川の方が本家よりうまいかも(私見ですが) (2012/07/11)

    GOOD!0
  • レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全16件

  • TVでは見てたけどコミックでは読んだ事がない! (2012/05/18)
    GOOD!0
  • 当時の幼児として「自分たちに向けられたハニー」としてぜひ読みたいです。聞く所、当時「なかよし」でも岡崎氏による「ハニー」が連載されていたとか?。そうとすれば、当初は女児向け番組として企画されていた「ハニー」の側面が見れるかも知れません。過剰なお色気のみがクローズアップされがちですが、当時的な「正義の戦士としてのハニー」を堪能したいですね。 (2009/06/13)
    GOOD!1
  • 当時リアルタイムで読んでましたが、このハニーが一番可愛らしかったので、また読みたいです。 (2009/04/17)
    GOOD!0
  • 岡崎優版のハニーを見てみたいです。
    【追記】マンガショップさんの「季刊お宝マンガ通信」2011年13号の裏表紙によると、本作が刊行企画に入っていました。期待しています。 (2007/07/10)
    GOOD!0
  • ・キューティーハニーの熱烈なファンですが、当該書籍の存在すら知りませんでした。ぜひ一読(一見)したいので投票しました。 (2007/06/21)
    GOOD!0

もっと見る

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!