1. TOP
  2. ショッピング
  3. コミック・漫画
  4. 『ガンキング〔完全版〕(堀江卓)』 販売ページ

ガンキング〔完全版〕

ガンキング〔完全版〕

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

火を噴く2丁拳銃!!
アクション漫画の巨匠が描く
硝煙煙る西部劇アドベンチャーの幕が開く!

あらすじ
家族の仇を探すガンキングは、いつしか
正義の保安官として数々の陰謀事件を解決していく!
本格派西部劇がここに復活!


解説
1960年から光文社の「少年」に連載された『ガンキング』は、
アクション漫画の巨匠 堀江卓の西部劇漫画である。同時期に
『矢車剣之助』や『天馬天平』を連載中であり、人気漫画家
の一人としてペンを振るっていた頃の作品だ。堀江作品では
時代劇やアクション作品とくらべると、西部劇作品はあまり
目立たない。しかし本作は折からの西部劇ブームに加え、主人公
ガンキングが保安官として西部のあちこちで陰謀を企む悪漢たちを
退治していくという、作者が得意とする時代劇テイストが入り混
じり人気を得た。今回は「少年」連載の全エピソードを収録し、
[完全版]とした。殺陣のような撃ちあいが注目して頂きたい。


主な登場人物
・ガンキング…覆面を身につけた正義のガンマン。保安官として活躍する。
・エルパソ十三号…エルパソの町に現れた女ガンマン。
・サブロー…父を探しにエルパソまでやってきた日本人の少年。
・毒トカゲ…エルパソで暗躍する怪人。その正体は!?
・バルカンペニー…背中に地図の刺青をもつ無法者。
・片目のデリー…ガンキングを助ける老ガンマン。


初出
『ガン・キング[完全版]』
光文社「少年」1960年8月号〜62年4月号

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

復刊投票時のコメント(2件)

日本で数少ない西部劇マンガなので。 (2006/07/03)

0

堀江卓作品の中ではあまり注目を集めていないが、バタ臭いタッチの異色西部劇。悪漢(古い!)の独特の雰囲気やアクションシーンはダイナミックで躍動的。ぜひもう一度読みたい。 (2006/07/02)

0

ニュース

2011/02/15
『ガンキング〔完全版〕』復刊決定!

この商品は現在ご購入いただけません。販売再開時にメールを受け取る購入希望の登録が可能です。

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る