復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

ゴジラ 1954

竹内 博・村田 秀樹 編

13,500円(税込)

(本体価格 12,500 円 + 消費税8%)

【送料・代引手数料無料】

配送時期:3~6日後

Tポイント:125ポイント

この商品は現在ご購入いただけません。

在庫切れ

販売再開時にメール通知を希望

お気に入りに追加

◎自由価格本(バーゲンブック)とは、出版社の倉庫に在庫されていた本を非再販本として出庫したものです。
  ※リサイクルブック(古本)ではありません。
◎出版社は自由価格本(バーゲンブック)指定した商品を、通常の新本として扱うことはありません。
◎自由価格本(バーゲンブック)には非再販本を明記するため、以下のような処置(シール貼付、捺印、罫線引きなど)がなされています。予めご了承ください。
◎自由価格本(バーゲンブック)は、商品の性質上、若干の汚れやキズがある場合がございます。予めご了承ください。
◎返品や交換はお受けできません。予めご了承ください。
著者 竹内 博・村田 秀樹 編
出版社 実業之日本社
判型 A4判上製
頁数 252 頁
ジャンル エンタメ
ISBNコード 9784408394602

商品内容

通常定価:26,250円(税込み) ⇒ 限定割引価格:13,125円(税込み)/50%オフ!

「ゴジラ」第一作に関する可能な限りの資料(未発表資料も含む)を一冊に収めた初の完全資料集成・香山滋著『怪獣ゴジラ』復刻本つき。一九五四部限定出版。

●カラー宣材類他
半裁ポスター、地方版半裁ポスター、スピードポスター、A0版ポスター、車内吊りポスター2種、タイアップチラシ、絵ものがたり、飛び出す絵本、マッチ、封筒、豆絵本、マンガ&原作本6種、ゴジラ・カルタ、復刻版ポスター 他

●新聞・雑誌「ゴジラ」広告集(1954年)
「近代映画」「映画時報」「キネマ旬報」「シナリオ」「映画評論」「朝日新聞」他

●新聞・雑誌「ゴジラ」記事集(1954年)
ゴジラはなぜ泣くの(週刊サンケイ)、「怪獣」相撲つ(週刊朝日)、吾輩はゴジラである(東宝)、東宝映画「ゴジラ」絵コンテより(東宝)、怪獣映画(キネマ旬報)、“ヘンな映画が二本”(藝能新聞)他

● G作品検討用台本/ 香山滋(完全収録)
● ゴジラ・準備稿(完全収録)
● ゴジラ・決定稿(シナリオ)/ 村田武雄・本多猪四郎(完全収録)
● 香磐(完全収録)
● G作品絵コンテ(完全収録)[付・「絵コンテに就て」/ 森岩雄・本多猪四郎]
● ゴジラ特撮予算表、撮影日誌(未公開)/ 入江義夫氏提供
● ゴジラ重要文献
● 渡辺明撮影スナップ集(未公開)
● 「怪獣王ゴジラ」スチール集
● 「ゴジラ」スチール集
● 「ゴジラ」スナップ完全ベタ焼集



編者略歴

竹内 博 (たけうち ひろし)
1955年、東京・江東区生まれ。7歳の時から怪獣・特撮映画ファンとなり、'71年4月、中学卒業と同時に「円谷プロ」に入社(営業、企画・製作)。在社中、アルバイトでケイブンシャの『原色怪獣怪人大百科』『ゴジラ』『ガメラ・大魔神』を企画・構成。大伴昌司に師事。'87年「円谷プロ」退社、フリーとなり多くの特撮出版物を手掛ける。香山滋、円谷英二の研究家として知られる。

村田 英樹 (むらた ひでき)
1956年、東京・浅草生まれ。怪奇・SF映画の好事家兼、蒐集家。'60年頃にテレビ放映された『キング・コング』の影響で大の恐竜ファンになり、’62年夏、生まれて初めて鑑賞した映画『キング・コング対ゴジラ』により日本の特撮映画の魅力に開眼。明治大学文学部時代に"特撮同人誌”活動のかたわら、国内及び海外の資料を収集し始める。出版、LD等の企画に資料提供すること多数。

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

全1件

  • ゴジラファン必携の著

    2004年静岡グランシップで「ゴジラの時代」展が開かれたとき購入しました。資料はとても内容が充実していてこれ以上のものはないでしょう。また原作本がついていてこれも興味深く、また面白く読めました。映画では表現されていない部分がとても興味深い。私は定価で買いましたが、これがこの値段で手に入るなんて今買う人はうらやましく思います。買って損はない・・そんな一冊です。 (2011/01/26)

    GOOD!0
  • レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!