復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

最新の復刊投票コメント(高橋和巳)

全65件

  • 散華

    高橋和巳

    高橋和己氏の著作を読みふけっていた学生でした。また読んでみたいです。

    hukuhuku hukuhuku

    2018/11/01

  • 中国的レトリックの伝統

    井波律子

    以前から興味があったため。

    gulugulu gulugulu

    2014/08/08

  • 邪宗門

    高橋和巳

    ずっと読んでみたいと思っていました。

    ゆめ ゆめ

    2014/07/22

  • 邪宗門

    高橋和巳

    大学時代に何度も読み返しました。

    月下の白牡丹 月下の白牡丹

    2014/07/22

  • 邪宗門

    高橋和巳

    40年前に母親が愛読していた作品で
    近年になりまた再読したいということで探していたところ絶版だとわかりました。

    ぜひ、もう一度読み返したいです。

    くろ くろ

    2014/06/27

  • わが体験 人生こぼれ話

    松本清張ほか五十五名

    古井由吉さんツナガリで参りました。他の方々のお話しも興味深いです。出版元のみ少々気になりますが。

    かゆし かゆし

    2014/05/08

  • 散華

    高橋和巳

    あらすじを見て、読んで見たいと思ったので希望しました。
    短編なので、これが復刊して、ちょっと読んでみようと思う人が少なからず出れば良いと思います。

    のい のい

    2014/03/31

  • 邪宗門

    高橋和巳

    各所で推薦されている(東大教官がすすめる本ベスト100等)にも関わらず,入手が困難な状況なため.

    [未設定] [未設定]

    2014/02/22

  • 邪宗門

    高橋和巳

    ずっと読み返したいと思っていました。

    gomaneco gomaneco

    2013/10/13

  • 邪宗門

    高橋和巳

    安く手に入れられる文庫本の復刊を望みます。

    裏町の黒猫 裏町の黒猫

    2013/09/06

  • 現代の青春

    高橋和巳

    1981年の大学入試の問題文として出され感動した。時代・社会・科学技術の変化を越える深い示唆に富む本書を現代の若者に読んでもらいたい。
    ・自立的思弁を育てるにはどうすればよいのかと考えてみますと(略)いろんな事実をイメージをともなうかたちで数多く知ることなのです。(略)逸話の形で、人間のいろんな行為の類型を覚えこむのが上手なやり方だと思います。(略)平和にも、平和の理論だけではなく、人の心を打つ平和のイメージが必要なのです。(イメージをはぐくむ)
    ・読むことと書き述べることの比率が、時間的に八対二ぐらいであるのが一番精神に健康であるような気がする。(略)魚が網にかかるのは網目の一つにすぎないが(略)たまたま役立つ網目の背後に広大な無駄の部分が必要なのであって、あまりカード式に整理されすぎた精神はかえって不毛となるだろう。(精神の網)
    ・(略)まだ新しい読書の態度が確立していないということは、(略)何か予期しない<読書>の在り方が、生まれないとも限らない。二十世紀後半から二十一世紀にかけて、独自な文化が形成されるのは、おそらく、それからのことであろう。(未だ形なき新しい読書)

    kakiko kakiko

    2013/03/06

  • 邪宗門

    高橋和巳

    学生時代の愛読書です。再読したいのですが、文庫の劣化が激しく再購入希望します。

    白玉あずき 白玉あずき

    2013/03/01

  • テロルの現象学

    笠井潔

    気になる。

    無

    2012/10/24

  • テロルの現象学

    笠井潔

    高橋和巳に関する文献を読みたいと思ったから。

    RM34 RM34

    2012/09/07

  • 邪宗門

    高橋和巳

    40年近く以前に文庫本(上下巻)で読みました。当時同著者に凝っていました(既に没後でしたが)が、最も?長編の本作が最高に面白かったです。今から思えば、Oム真理教にもつながる(?)先見性のあった傑作だと思います。

    RM34 RM34

    2012/09/07

  • 邪宗門

    高橋和巳

    学生時代に読んで宗教に対する考え方が一変した。

  • 邪宗門

    高橋和巳

    この様な骨太な小説を再度じっくりと読んでみたい。

    sshige sshige

    2012/09/01

  • 邪宗門

    高橋和巳

    昭和の小説の最高傑作。宗教と人間について深く考えさせてくれる本。

    天竜川 天竜川

    2012/05/17

  • 邪宗門

    高橋和巳

    もう30年ほども前のことになってしまいましたが、学生時代に3回も読み直した思い出があります。上下2巻の長編でしたが、読み始めたら止まらくなって、2日連続の徹夜状態で読み終えたものです。最近は、高橋和己の書籍そのものが書店から消えてしまい、寂しい限りです。もう、このような重厚な小説は好まれないのかもしれませんが、この名作が、このまま消え去ってしまうのはあまりにも惜しいと思います。できるだけ読み継がれてほしいものです。

    kaminobori kaminobori

    2012/05/13

  • 邪宗門

    高橋和巳

    名作として,名が挙げられている本なのに手に入らないのは悲しい.
    著者の作品は,大学の図書館などにも無いことが多いです.読みたい人は多いと思いますが…

    notochan notochan

    2011/08/26

T-POINT 貯まる!使える!