復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

マニアック川柳コンテスト

マニアック川柳コンテスト
ご応募ありがとうございました!
「マニアック川柳コンテスト」にたくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。
皆さまからの作品の数々を以下にご紹介いたします。

それでは、第1回 入選作品の発表です!
入選作品は、以下の3点に決定いたしました!!

入選発表!

まずは、1つめの入選作品をご紹介!
腹が出て 安彦立ちに 見える父
「安彦立ち」というのは、ガンダムファンならおなじみでしょう。
アニメーター・安彦良和氏による独特の画風で、頭から足先まで緩いS字を描くようにおなかを突き出したアニメキャラの立ちポーズのことです。
意味がわかると一気にその画が浮かび出す、素晴らしいマニアック川柳ではないでしょうか。
続いて、2つめの入選作品をご紹介!
基礎工事 田植えは俺の 得意技
こちらは職業ネタですね。
意味がわからない方は、「基礎工事 田植え」で画像の検索をしてみると、「ああ、これのことか!」と納得されるのではないかと。
おそらく建築業界の方以外にはまるでピンとこない、まさにマニアック川柳の王道をゆく作品です。
そして、最後の入選作品をご紹介!
ネズミ ネコ イヌ イタチ トラ ダルマ レモン
この羅列、何だと思いますか? ネズミザメ・ネコザメ・イヌザメ… と、全部サメの種類だそうですよ。 マニアック川柳には、こういうパターンもあるんですね。
しかし、実生活でマニアックすぎるのも考えモノ。海で泳いでいるときに「レ、レモンザメが来た~!!」と大声を上げても、あいつマニアックだな~と感心されるだけで、誰にも助けてもらえなさそうです。
以上の作品を投稿いただいた皆さまには、5,000円分のQUOカードをプレゼントいたします。
おめでとうございます!

当初の予定にはありませんでしたが、「佳作」も発表します!
このままボツにするのはもったいない!
という、入選候補として最後まで選考に残った秀作の数々をご紹介。全部で10首あります。

佳作発表!

※作品のうしろのカッコ内は、投稿者名(敬称略)です。

◆カオリンて あなたのことじゃ ないんだよ (らっしゅあわー)
カオリンというのは、陶芸で使う粘土の一種だそうです。
「カオリンをひねり回したあとで焼き入れたわ」と言われても、
猟奇事件なのかどうか、一呼吸おいてもう一度よく考えたほうがよさそうです。
◆ヤサイマシ ニンニクカラメ チョモランマ (初来店の人)
こちらは、某ラーメン店のオーダー方法。初心者には、まるで呪文のようです。
チョモランマって… どんだけ盛られているんでしょうかね?
◆トムとジェリー 金曜版は 顔違う (たまごっち)
これは特定の世代&地域の方にしか通じないのではないでしょうか?
金曜日はなぜか、トムとジェリーがやたら仲良しなんですよね。
メジャーなアニメ作品ながら、着眼点はマニアックです。
◆新ライダー 季節感じる 九月かな (仮面ライダー)
こちらも着眼点がマニアックな川柳。
近年、『仮面ライダー』の新シリーズ開始といえば、毎年9月なんだそうです。
◆これうどん? 毎回聞かれる 伊勢の味 (うさうさ)
極太の麺に黒いタレが特徴的な、三重県伊勢市のご当地うどん。
確かに一般的なうどんとは、少しイメージが離れています。
◆難所ある 酷道(こくどう)求めて ドライブへ (かずさP)
国道なのに、対向車とすれ違えないほどの道幅だったり、断崖にガードレールがなかったり。
そんな難ある道をあえて愛する「酷道マニア」が存在するんだとか…。
険道(=県道)、死道(=市道)、腐道(=府道)というのもあるそうですよ。
◆山親爺 裸足でスキー 何故乗れる (yattan)
北海道では誰もが知る、お菓子のCMだそうです。
「山親爺 CM」で動画検索すると、クマのキャラクターによる滑降の“超絶技”がお目にかかれます。
◆大麻なう 拡散するな 地名だよ (ウリボー2号)
北海道ネタをもうひとつ。江別市に大麻(おおあさ)という地名があるそうです。
こんなツイートが飛んできたら、びっくりしてしまいます。
◆ヨネスケの サインが俺の 宝物 (ずらきち)
これは、川柳というより、投稿者の趣味そのものがマニアックではないかと。
いや、いいんです。我が道を堂々とゆけばいいんです。
◆星一徹 ハワイに行って アロハ着る (庭石)
『新・巨人の星』で、実際にあるシーンだそうです。
ハワイではしゃぐ星一徹なんて見たくない! いや、ちょっと見てみたい…。
佳作に選出された作品を投稿いただいた皆さまには、Tポイント500ポイントをプレゼントいたします!

T-POINT 貯まる!使える!