1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ちくま文庫解説傑作集(ちくま文庫編集部編)』 投票ページ

ちくま文庫解説傑作集

得票数
18票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

文庫本の後ろに書かれている解説文のみを纏めたアンソロジーは、有りそうで無く、おそらく本邦唯一ではないでしょうか。読書人は、こういった本を、ずっと待っていたと思います。当書は、「ちくま文庫」を2冊買い、応募すると、もれなく贈呈された非売品ですが、キャンペーンを知らなかった人も多いので、もう一度、チャンスを与えて欲しいですネ。執筆者も豪華絢爛です。これらを全部読むには、本来37冊のちくま文庫を買うしかないのですが、どの文庫に書かれているのか、すぐには分かりません。又、これらの文章は、その解説した文庫本にしか書いていない(その解説者本人の著作集や全集には出てこない)ので、本当に意外なところに意外な人が書いていると、解説者本人のファンであっても、ずっとずっと気付かないまゝ一生を終えてしまうかもしれません。自分は唐沢先生のファンですが、こんな文章があったと云う事を、恥ずかしながら初めて知りました。赤瀬川原平:過激な質問者の山下清~阿川弘之:娘の学校~池内紀:くすり売りのおじさん~井村君江:日本妖怪博士、イギリス妖精探検の旅に出る~内田樹:教育者としての百鬼園先生~大島弓子:わたしにとっての”猫語の教科書”~大槻ケンヂ:勝負だ!ホーキング青山~岡崎武志:消失する都市へのノスタルジー~小沢昭一:落語と私~角田光代:目的のあるふりなんか~鹿島茂:タイム・トラヴェラーなぎら健壱~唐沢俊一:アジテートの書~川本三郎:「町殺し」の進む東京に抗して~北方謙三:俺は一番弟子~久世光彦:いつか見た青い空~小池滋:じわじわとしみて来る魅力~斎藤美奈子:山頂の風景~重松清:「世間」の物差しを捨てて~竹熊健太郎:遅れてきた「竹中ファン」のための覚書き~種村季弘:コドモの食卓~多和田葉子:文字と夢~筒井康隆:ヒトの味方・読者の見方~都築響一:無題~坪内祐三:贅沢な旅~鶴見俊輔:日本にめざめる一つのいとぐち~中野翠:不幸にたえる術としての幸福論~橋本治:芥川、黒沢、山田風太郎~蓮實重彦:濡れた男の陶酔~福井晴敏:「沈黙の団塊から我々へ、そして次の世代へ」~藤森照信:原平翁とトマソンの偉業をしのんで~堀江敏幸:あたらしい生の引き込み線~南伸坊:嵐山さんとおいしいもの~群ようこ:私は怒った~矢川澄子:<神>としての日記~夢枕獏:北斎に乾杯を~養老孟司:果てしない循環~米原万里:『源氏物語』そのものより面白い

新着投票コメント

2を読み1を読みたくなりました。 (2016/01/14)

0

ⅡのキャンペーンでⅠがあることを知りました。気になる本です。 (2015/05/25)

0

おもしろそうですね。 是非とも読んでみたいです。 ここから、本家の書籍に興味を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。 (2015/02/26)

0

是非読んでみたいです (2014/01/16)

0

復刊の方よろしくお願いします。 (2011/09/21)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/10/03
『ちくま文庫解説傑作集』(ちくま文庫編集部編)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『ちくま文庫解説傑作集』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る