1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『新英文解釈体系(伊藤和夫)』 投票ページ

新英文解釈体系

  • 著者:伊藤和夫
  • 出版社:有隣堂
  • ジャンル:実用書
  • 復刊リクエスト開始日:2005/06/05
  • 復刊リクエスト番号:29281

得票数
113票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

名著「英文解釈教室」の前身、最初の本格的な著書である。伊藤英語の体系の全貌(の一端)が示されている、「英文解釈教室」、「ビジュアル英文解釈」をつなぐものとして、ぜひ復刊して欲しい。

投票コメント

『英文解釈教室』、『ビジュアル英文解釈』、『英語構文詳解』などに代表される伊藤英語。その原点である『新英文解釈体系』を拝読したいと思うのは伊藤和夫先生のファンのみならず、英語教育関係者もだろう。伊藤先生はこの本を学生向きではないと斬って捨てたようだが、それならば尚更英語教育関係者のためにも復刊を実現させてほしい。もし復刊の交渉を行うのなら、出版社だけでなくご遺族・血縁者の方々とも直接会っていただきたい。交渉は難航するだろうが、宜しくお願いしたい。 (2014/12/20)

2

英文解釈教室がすばらしかったので。 (2016/03/05)

1

是非読みたいから。 (2015/04/14)

1

tty

tty

伊藤先生の英語教育に原点、歴史的文献です。 ぜひとも復刊を願います。 (2015/01/08)

1

著者の伊藤和夫氏は数々の受験参考書を記され、英語教育史において伊藤以前、伊藤以後と一つの節目として捉えられていることからもその影響力は多大であったことがわかります。 没後十五年以上経った今、氏の残した功績を正しく評価する上でその原点である新英文解釈体系を読み返すことは大きな意味をなすことでしょう。 しかし、出版年が一九六四年であること、また発行部数が極端に少ないことから某オークションでは十数万の値が当たり前のように付き、一般人が眼にすることは全くないと言って差し支えありません。 復刊の際には完全予約生産かつそれなりの高値でも良いと個人的には思います。現状の、ごく一部の人間のみこの書籍化を手にすることが出来る、読むことが出来るという状況ははっきり申し上げて英語教育一般における大きな損失であり、残念という思いとその異常性に辟易します。 大変に難しいこととは思いますが復刊を切に願っております。 (2014/04/08)

1

もっと見る

新着投票コメント

伊藤和夫さんの「英文解釈教室」のもととなる、著書とのことで、 是非、読んでみたいとおもいます。 (2017/08/21)

0

もっと見る

投票する

読後レビュー(1件)

  • 復刊の参考になればと。。。

    アッキー 2011/01/29

    http://blogs.yahoo.co.jp/gibson_erich_man/22566819.html


    少し内容が書いてあります。
    復刊の参考になればと。。。

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/02/19
『新英文解釈体系』が100票に到達しました。
2005/06/05
『新英文解釈体系』(伊藤和夫)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

学習参考書教育書受験書に関するQ&A

二十年近く前に小学校の試験で読んだ小説を探しています。

小学校の国語の試験に出た小説を探しています。 太平洋戦争で学童疎開した少年が主人公でした。 少年は地元の子供たちから、度胸試しで高所から川に飛び込むことを求められます。少年はバカにされたくなかったた...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『新英文解釈体系』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る