1. TOP
  2. nemesisさんの公開ページ

nemesisさんのページ

復刊リクエスト投票

てぶくろくろすけ

自分が双子ということもあって、片方だけが離れていじわるされて。。。という場面にとても心が傷んだ記憶があります。真面目な妹とと違って、ひょっこり迷子になってみたり、慎重さを欠いて失敗したりが多かった自分のことのような気がして・・・ 最後に家に戻れた場面では本当に安心しました。もう一度ぜひ読んでみたい絵本です。 (2015/01/28)

てぶくろくろすけ
【著者】川崎洋 作 / 長新太 絵

きいちごのおうさま

子供の頃、繰り返して読んだ絵本です。自分も主人公たちのようにエプロンを付けて木いちごを摘みに行きたくなったのを思い出します。 2011年にも出されていますが、こちらの古い絵の方が子供たちの表情や王様のちょっぴり独特な顔などが印象的。 北欧の物語だったのだと大人になってから知りましたが、北欧の雰囲気を楽しみながらもう一度手元において挿絵と物語をじっくり読み直したいと思っても、入手できないままでいるのが残念です。 美しい絵と夢のある優しいお話は、是非偕成社版の挿絵で復刻して現代の子供たちにも、北欧ファンの大人たちにも読んで貰いたいです。 (2013/06/20)

きいちごのおうさま
【著者】トペリウス

レビュー

しろいやさしいぞうのはなし

暖かな何かを残す絵本

ハンディキャップを持つしろちゃんを周りの子象たちがどう対応していいのか迷った時に、村長さんが言った「いろんな象が居て、それでいいのだよ」という内容の言葉に、人間社会も全く同じなのだと、心にしみました。

そして、自分の命をかけてしろちゃんを守り切ったお母さん象の尊い愛情に、読み聞かせした保育園の子どもたちが涙しました。

大火事の後の森の再生、その中で育っていくしろちゃんが群れのリーダーとして立派になっていく姿に子どもたちが「先生この絵本、心が暖かくなったよ。」という言葉をくれました。

難しい説明よりも、優しい文と絵で子どもたちの心にすっと入ってくれる。素晴らしい絵本だと思います。 (2016/03/20)

しろいやさしいぞうのはなし (【著者】かこさとし) ショッピング

nemesisさん

nemesisさん

プロフィール

[ニックネーム]
nemesisさん

TOPへ戻る