復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

matayomiさんの公開ページ 復刊投票コメント一覧

復刊リクエスト投票

  • すごいくるま

    【著者】市原淳

    リクエスト内容や投票コメントを読み、たいへん興味が湧きました。子どもの反応はうそをつきません。きっと良い絵本なのでしょう。大人の私も、読んでみたくなりました。(2019/04/24)
  • 漢文法基礎

    【著者】二畳庵 主人

    学生時代に漢文の授業が好きでした。皆さんの復刊希望コメントを読み素晴らしい参考書であると知り、ぜひ復刊されて欲しいと思いました。(2019/02/16)
  • スヌーピー全集

    【著者】チャールズ.M.シュルツ

    子ども時代によくテレビアニメで観ていました。その他はキャラクターグッズの印象が強いです。インテリ文学青年で漫画やサブカルチャーを軽視していた父親が「スヌーピーは面白い」といって数冊だけ書斎の本棚に並べていました。大人になった今ならやっと原作の良さや作者が伝えたかった事、父親の感想の真意がわかるかもしれない。そう思い、リクエストさせていただきました。(2018/10/10)
  • かるた ラーメンズ かるた?

    【著者】ラーメンズ

    ラーメンズの知的な笑いが好きだったので。(2018/08/08)
  • 慶 レスリー・イン・チャイナ

    【著者】ウイン・シャ 撮影

    映画『さらば、わが愛/覇王別姫』を繰り返し鑑賞するうちに、彼の人となりや人生についてももっと知りたいと思うようになりました。彼の儚く孤高で美しい生命の、その軌跡を知るための手がかりとなる、貴重な一冊ですね。(2018/07/17)
  • ぬいぐるみ殺人事件

    【著者】新井素子→とり・みき→吾妻ひでお→伊東愛子→中山星香→高橋葉介→かがみあきら→早坂未紀→いずぶちゆたか→水縞とおる→ゆうきまさみ→魔夜峰央→沢田翔→粉味→豊島U作→火浦功→しりあがり寿

    こんな豪華な執筆陣の本が存在していたとは驚きです。それと同時に良い時代だったなぁと当時が懐かしく思い出されました。復刊したならぜひ読みたいです!(2018/05/17)
  • 神聖モテモテ王国 コミックス未収録分

    【著者】ながいけん

    投稿雑誌ファンロード時代から他の追随を許さぬオリジナリティで異彩を放っていたながい先生。作風の尖り具合は少年サンデーというメジャー誌連載にあたって少し角が丸くなったけれども、それは古参ローディスト(ファンロードを愛読する人々の呼称)のささいなメランコリィにすぎず、一般社会に彼の才能を広くしらしめるのに必要な濾過のようなものでした。おそらく当時、普通の人々には毒が強すぎて危険だったのでしょう。その証拠に、一般人に理解できるレベルに笑いのツボが調整された『モテモテ王国』は長期連載となり、それでも十分エキセントリックで斬新なギャグとして世の中に衝撃を与えました。漫画の単行本が並ぶ自室の本棚の一隅に長い間6巻揃えのまま陳列し続刊を望まれていた『モテ王』、その願いはとうとう叶わなかったわけですが…、未収録分の存在を知った今、その夢の一部を実現させる時がやって来たのかもしれません。本書の復刊を切に希望します。ジークナオン!!(2018/01/24)
  • 金子一馬画集 I

    【著者】金子一馬

    いわずとしれた女神転生シリーズの金子一馬氏の画集。ヘビーメガテンユーザーである友人が所有していた気がします。それを見せてもらったのもすでに遥か昔の話。友人が金子一馬氏のイラストのひとつひとつを指差し眺めながら、その美しさや魅力についてじっくり語ってくれたものでした。アニメでペルソナシリーズも好調である今だからこそぜひ再びじかに目にしたいものです。そして一緒に冒険した仲魔たちとのエピソードを懐かしく思い返したいですね。(2017/07/08)
  • Katan doll Retrospective

    【著者】天野可淡

    天野可淡の球体関節人形写真集は数冊所持していますが、こちらの書籍の存在を復刊ドットコムで初めて知りました。写真以外の内容や名だたる作家陣の寄稿などいずれも大変興味深いです。また付属のDVDがどういったアプローチでの映像化なのかも気になります。

    10代の多感な時期に埃っぽい古本屋でトレヴィル出版の本を手に取り、瞬間その退廃美に魅了されました。衝動的にあるだけ買い揃え、夕暮れ時の翳りある自室で夢中になって世界に浸った日々を懐かしく思い出します。

    復刊を果たし、閲覧できるようになる日を心待ちにしています。(2017/01/15)
  • メタルマックス3 公式設定資料&秘蔵データ集

    【著者】ファミ通書籍編集部

    ファン垂涎ものの大変内容の濃い一冊なので、ぜひ復刊してほしいです(2016/10/04)

T-POINT 貯まる!使える!