1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『外の主体(エマニュエル・レヴィナス)』 投票ページ

外の主体

  • 著者:エマニュエル・レヴィナス
  • 出版社:みすず書房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2017/07/14
  • ISBNコード:9784622030775
  • 復刊リクエスト番号:65421

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

〈本書で言及されたマルチン・ブーバー、ガブリエル・マルセル――そして全面的にとは言わないまでも多くの点でフランツ・ローゼンツヴァイク――は、客体化する主体の外なる知解可能性を強調した。が、彼らのみならず、ジャン・ヴァール、ウラジーミル・ジャンケレヴィッチ、モーリス・メルロ=ポンティ、アルフォンス・ド・ヴェーレンス、ミシェル・レリスもまた、人間的なものをそれぞれの仕方で描きつつ暗黙のうちにそうしていたのだった。異なる仕方で表現された問題群を携え、異なる言語を用いてはいるが、ブーバーらと同様に高貴な哲学的着想を出発点とすることで、彼らもまた、人間のうちに有意味なものを聴取するに際しては主体―客体の相関関係に甘んじることがなかったのである〉
「隣人の近さ」。人間の他者性を考えるとき、著者はこの表現を好んだ。本書は、同じように人間の存在について思索をめぐらせた「隣人たち」への論考を集める。作家論を中心に14篇。20世紀思想とユダヤ思想の関係を知るうえにも絶好の書である。

新着投票コメント

忘れ去られた名著は世に数多あれど、これほどの内容と今日における重要性を持った書はそれほど多くない。日本における移民・難民受け入れの進まなさや、ポスト・トゥルースと嘯いて世論を蔑ろにせんとする権力情勢。これらをその根本から考察するにあたり、他者論の重要性は本書刊行当時よりもいやましているだろう。他者論の第一人者にして悪筆で知られるレヴィナスによる小論集だが、彼の著作の中では飛び抜けて読みやすいのも復刊を希望する所以。内田樹氏への注目が盛り上がり、レヴィナス思想の需要も定着しつつある今こそ、復刊への最良のタイミングなのではないか。 (2017/07/14)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/07/14
『外の主体』(エマニュエル・レヴィナス)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『外の主体』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

  • MANGA ARTS

TOPへ戻る