1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『法解釈の言語哲学 クリプキから根源的規約主義へ(大屋雄裕)』 投票ページ

法解釈の言語哲学 クリプキから根源的規約主義へ

  • 著者:大屋雄裕
  • 出版社:勁草書房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2016/01/08
  • 復刊リクエスト番号:62859

得票数
6票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

規則に従う・意味を知る・解釈する--- 法解釈にまつわる行為の性質について、後期ウィトゲンシュタインを手がかりに根本的に考える。

【刊行年】初版2006・最終版2007年
【判型】A5【頁数】240頁
【価格】予価3456円(本体3200円)

投票コメント

著者は現在国内の法哲学者の中心的な人物の一人であり、本書は彼の主著である。ヴィトゲンシュタイン〜クリプキといった言語哲学の文脈を法解釈に援用するという他にない類の試みを進めた本であり(おそらく)、ぜひ手に取って読みたい。 (2016/12/18)

1

面白そうだから。 (2017/02/26)

0

ym

ym

読んでみたいです。 (2017/02/25)

0

興味のある分野なので読んでみたい。 (2017/01/18)

0

興味があります (2016/02/28)

0

もっと見る

新着投票コメント

法解釈方法論に根本的な転換を迫る研究成果。より多くの専門家や法学を専攻する学生に再び読んでもらいたく、復刊をお願いしたい。 (2017/03/31)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/03/31
『法解釈の言語哲学 クリプキから根源的規約主義へ』復刊決定!
2016/01/08
『法解釈の言語哲学 クリプキから根源的規約主義へ』(大屋雄裕)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『法解釈の言語哲学 クリプキから根源的規約主義へ』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る