えほん百科 (平凡社刊)

  • 著者:平凡社編
  • 出版社:平凡社
  • ジャンル:児童書
  • 復刊リクエスト開始日:2002/08/13
  • 復刊リクエスト番号:11615

得票数
70票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
リクエスト内容

とにかく絵がすごい。 絵だけですべてをわからせようという気迫に満ちている児童書。
現在出版されている”えほん百科”という本とは全く別のものです。

私が持っていたのは全5巻でした。表紙と(全5巻を納める)ケースが黒を基調にしていて、子供向けにしては暗めの配色が多かったのですが、それがまた、大人っぽくていいな’と子供心にも感じていました。 宇宙、動植物、日常生活品など様々なものが”あいうえお”順に絵で説明されています。 子供にとっては大きめの重い本でしたが、何回見ても、読んでも、飽きませんでした。  見開きいっぱいに描かれた”サーカス”や”ジャングル”の絵などは圧倒的な迫力がありました。

投票コメント

3歳から5歳頃のかなりの時間、眺めて過ごしていた本。自分の世界観のここかしこに、この本の内容が刷り込まれているらしい。絵がネットで紹介されているページもあるが、既視感がする。 12冊本で、「ふるやのもり」とか「注文の多い料理店」のような童話のページもあった。月着陸船か何かの絵の載ったページが別の絵になっている本もあり、どちらの本が欲しいか、と本屋さんで聞かれた記憶がある。 (2014/01/27)

夫が子どもの頃に読んでいた本です。近所の人にあげてしまってもうありません。とても良い本だったそうで、ぜひ復刊をお願いします。 (2013/10/31)

大好きだった絵本百科でしたが、転勤の際親が隣の子にあげてしましました。荷物を減らしたかったのでしょうが、残念で忘れられずにいました。復刊していただけるとうれしいです。 (2013/07/02)

子供のころのワクドキ感が蘇るぞ! (2013/01/06)

既に子どもは絵本を読む年齢ではなくなってしまったけれど、幼年期にこれがあったら、是非一緒に楽しみたかったです。小さい頃、暇があるといつも箱から1冊適当に抜き出して、絵を眺めているのがとても好きでした。私はこの「えほん百科」で宮沢賢治の「注文の多い料理店」を読みました。思い返すと、すべての項目が写真ではなく、言葉と絵で説明されていたところが、正に「えほん百科」だったと思います。 (2012/10/06)

もっと見る

投票する

リクエストレビュー

読後レビュー(1件)

  • 持っております

    coronaextra2012 2012/05/22

    1巻から12巻までで1冊定価360円でした
    初版発行が昭和39年4月8日と書いてあります
    ハードケースに1〜12巻まであいうえお順で入っております
    だいぶ痛んではいますが、内容は絵と解説で絵本としては最高だと思います。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

最近の復刊活動

2006/12/22
「えほん百科」にリクエストをいただいていた皆さまにお知らせです。

復刊ドットコムスタッフで調査を致しました。

とても古い本のため、著作者との連絡や原稿の確認などが大変困難であり、現状では復刊は非常に難しいと思われます。

今後情報が更新され次第、こちらでご報告致します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『えほん百科 (平凡社刊)』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る