1. TOP
  2. 復刊ドットコム 特集・企画
  3. 今月のリクエスト企画 (2017年4月メルマガ掲載分)

2017年04月05日

今月のリクエスト企画 (2017年4月メルマガ掲載分)


今月のリクエスト企画 (2017年4月メルマガ掲載分)
  • 世界の恐怖怪談
  • 風よ雲 全2巻
  • 人間の土地
  • 神の子羊 全3巻

復刊ドットコムスタッフがオススメする復刊リクエストタイトルをご紹介します。
あなたが投票した作品の復刊が実現した場合、その商品を当サイトで購入すると
Tポイントが5倍になります!
詳しくは、「ダブルボーナスプログラム」のページをご確認ください。
皆さまからのたくさんのリクエスト、お待ちしております!

おすすめの復刊リクエスト

世界の恐怖怪談

得票:82票

世界の恐怖怪談

著者: 荒俣宏 武内孝夫
出版社: 学習研究社

荒俣宏と武内孝夫の手により、海外の恐怖小説を児童向けにアレンジして集成した本で、学研<ユアコースシリーズ>から1977年に刊行。
ラヴクラフト、レイ・ブラッドベリ、M.R.ジェイムズらの作品を約40編収録した豪華な内容で、エッシャー、ゴヤ、ムンクなどの挿絵と相まって、当時の子どもたちに深いトラウマを植えつけました。大人になった今、童心に返って改めて読み直したいと、多くの復刊リクエストが寄せられています。

【リクエストコメントより】
今の自分は、あの本が作っている。 マジです。 あの本が、私をフィリップKディックや、ラヴクラフトに出会わせてくれた。 私が今のような思想を持ち、また様々なことを、いくばくかでも立体的に語れるとすれば、この本の教えてくれた「現実の揺らぎ」への親しみ、のおかげです。 ...


小学生の頃に夢中になって読んだ。 読んでいて異次元に引き込まれるようなあのインパクトは今でも忘れない。 収録されている短編でさえ強烈なのに、エッシャーの不思議な絵もまた心に深く刻まれている。 大人になってエッシャーの画集を買った。

投票する

風よ雲 全2巻

得票:43票

風よ雲 全2巻

著者: のがみけい
出版社: 集英社

武田信玄の第5子で武田勝頼の弟・信盛(史実では盛信)と里の娘・もえぎの物語を描いた少女漫画。1973年~74年に「りぼん」で連載され、コミックスは前・後編の全2巻で刊行されました。1975年刊。
明るく無邪気なもえぎと、武田の若君である信盛のラブストーリーという少女漫画の王道を軸に、武田信玄亡き後の武田家の様子についても虚実を織り交ぜつつ丁寧に描いた本作。歴史漫画としても読み応えのある作品です。
現在は入手困難のため、熱い復刊リクエストが寄せられています。

【リクエストコメントより】
時代考証がきちんと反映されてるかどうかはわかりかねますが 大河ドラマ並みの 壮大なスケールの漫画だったと記憶しています 悲恋を描いていましたが 戦乱の時代 武田一族のことを改めて知りたくなった漫画でした


中学生の時に必死によみました。哀しくも心が美しく、何度も何度も読み返したのを記憶しております。毎年、NHKの大河ドラマでコレをやってくれればいいのに!とずーーーーーーっと思い続けているストーリーです。

投票する

人間の土地

得票:33票

人間の土地

著者: 奈良原一高
出版社: リブロポート

長崎県にある今は無人の島・軍艦島(端島)の最盛期の姿をとらえた、写真家・奈良原一高による写真集。1987年刊。
約40年前に無人となったこの島が、炭鉱として現役で稼働していた頃の写真が多数収録されています。また、これらの作品は、ほぼ無名の新人だった奈良原が、注目の若手写真家として一躍脚光を浴びるきっかけとなりました。今また、廃墟としての軍艦島の人気が高まるとともに、本書へのアクセスも急増しています。

【リクエストコメントより】
VIVOの作家として東松照明らと一世を風靡した奈良原一高さんのデビュー作「人間の土地」は、1955年以降の日本の写真に強い影響力を与えた。歴史的に見ても重要な作品集だと思います。ですが、東松さんに比べるとその作品を見られる機会は少ないのではないでしょうか。


世界遺産登録された建造物、その生活実態などを写真に収めた貴重な書籍として、しっかりと永遠に後世に残していくべきと考えます。 少なくても近隣諸国とのモメごや紛争にまで影響を及ぼしそうな要素を持つことに関しては、永遠に証拠を残していかざるを得ない。

投票する

神の子羊 全3巻

得票:343票

神の子羊 全3巻

著者: のりす・はーぜ
出版社: 光風社出版

竹宮恵子の名作漫画『風と木の詩』の続編小説。1992年刊。竹宮恵子と親交が深く、「変奏曲」シリーズの原作者でもある増山のりえが「のりす・はーぜ」のペンネームで執筆しました。
セルジュから数世代後の現代に生きるパトゥール家の末裔・アンリは、セルジュの過去を探るうちに、ジルベールが育ったコクトー家の血を引くマシュウと出会い…。
竹宮恵子が当初の構想として描きながらも漫画化はされなかったという、幻のストーリーは必読。“風木”ファンを中心に、多数の復刊リクエストが寄せられています。

【リクエストコメントより】
「風と木の詩」が、作者の構想したものの前半部分であり、本当の意味で完結していなかったと知り、主要登場人物のその後のことがとても気になりました。「風と木の詩」の後半にあたる「神の子羊」において、どのような形で物語が収束されるのか、ぜひ読んでみたいと思っております。


初めて風と木の詩を読んだときの衝撃は忘れられません。中学1年のころでしたが、作品世界にのめりこんでしまい、しばらく現実に戻ることが出来ませんでした。その後(高校生)、プチフラワーで連載が再開されたのでリアルタイムで読めるようになりましたが、最終回近くになると、次号の発売が迫る度に、...

投票する

T-POINT

Tポイントキャンペーン
「ダブルポイントプログラム」実施中
投票タイトルを購入:ポイント5倍
※事前にTポイント利用手続きが必要です。

スケジュール

投票受付スケジュール
投票受付:投票期限はありません
※必ずしも復刊をお約束する企画ではございません。

TOPへ戻る