1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『天の赤馬(斎藤隆介)』 投票ページ

天の赤馬

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

江戸時代ー。隠し銀山で強制労働させられる囚人と圧政に苦しむ農民が手を組んで暴動を起こす物語。主人公である10代の少年 源の成長物語でもある。

新着投票コメント

中学生の頃、担任の先生がなぜか下さいました。 教室の中で、おとなしく目立たないように日々を過ごしていたため、「何か」を伝えようとこの本を下さったのだろうかと後々思いました。懐かしいです。是非、今の若い人にも大人にも手にとってほしいので復刊を希望します。 (2018/05/16)

0

主人公と同じ10代の頃に読んで強い感銘を受けました。主人公の源は怖いことがあってもそれから逃げるのではなく「恐怖の中にどっかと腰を下ろしてそれと向き合うのです。」という一文は今でも折にふれて思い出します。 今の10代にも是非読んでほしいし、時の権力者たちの暴挙が世界中を荒れ狂う現代への強烈なメッセージになるのではないでしょうか。 著者斎藤さんの名コンビである滝平二郎さんの素敵な挿絵も是非今一度綺麗な状態で見たいです。 (2018/05/09)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/05/09
『天の赤馬』(斎藤隆介)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

児童書に関するQ&A

少年の乗った列車の乗客が一人ずつ居なくなる絵本(小学高学年程度)

1980年代前半(82年)までに出版の児童書で、対象は小学校中高学年以上だと思います。 あらすじは、ひとりの少年が行き先不明の列車に乗ると、駅ごとに客が減っていき乗って来ない。進むに連れてどんどん...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『天の赤馬』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る