1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『罪と死と愛と(朴壽南)』 投票ページ

罪と死と愛と

  • 著者:朴壽南
  • 出版社:三一書房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2017/12/08
  • ISBNコード:9784380840036
  • 復刊リクエスト番号:66072

得票数
4票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

1958年8月。東京都江戸川区の東京都立小松川高等学校定時制に通う女子学生(当時16歳)が殺害された。
逮捕されたのは、当時18歳、日本名金子鎮宇(かねこしずお)こと在日朝鮮人2世・李珍宇(イ・チヌ)少年。朝鮮人李珍宇(イ・チヌ)は、極悪非道な殺人魔としてセンセーショナルに報道され、精神鑑定も少年法の適用もされないまま1962年11月26日絞首刑によって命を断たれた。(享年22歳)日本名、金子鎮宇(かねこしずお)と名乗り、極貧の現実から抜け出すため、少年は日本人のふりをし、優秀な成績で中学校を卒業。しかし「お前は朝鮮人だ」という理由一つで、すべての就職の門を閉ざされ、八方ふさがりの中で首をつって自殺をはかった。ギリシャ神話のイカロスの翼のように天空を飛ぼうとしたのである。少年は太陽の熱で、翼が溶け、地に失墜した。これが李珍宇(イ・チヌ)少年である。その減刑運動に参加した在日の朴壽南2世(当時26歳)は、獄中に面会をはじめ多くの手紙を交わしていく。少年にとって朴との面会は朝鮮の民族の言葉や歴史を学ぶ教室にもなっていく。1961年4月から、処刑されるまで、李珍宇が朴に書き送った手紙のほとんどがまとめられた全書簡集「罪と死と愛と」1964年(三一書房)初版はベストセラーとなった。戦後間もない日本において朝鮮人差別が露骨な社会で自分=朝鮮人であることを奪われ、殺人に及んだ少年が朴との交流を通し民族や祖国について考え、人を愛すること、罪を見つめていく過程、実存の回復は在日朝鮮人問題を深く提起し復刻が求められ1984年7月に第2刷が発行された。「この書簡集は、ギリシャ悲劇に類する、現代的な生の悲劇の一片を刻んだものである。」秋山駿・書評より

新着投票コメント

こんな事件を知らなかった人は多いと思う。是非復刊して多くに知らしめるべきだと思う。 (2017/12/11)

0

上記の紹介文や他サイトでの紹介を読んで、私も是非とも読みたいと思いました。 (2017/12/10)

0

もう一度読みたいと思いましたが、手元に見つかりません。 是非是非復刊していただきたい。 若い方たちにも是非一度は読んでいただきたい本です。 よろしくお願いします。 (2017/12/08)

0

mai

mai

私が生まれる前に起きた小松川事件の犯人李珍宇は、私にとって片割れの肉親のように思える。在日朝鮮人差別を身を以て体験し、自分が朝鮮人であることを憎み日本名を名乗り日本人のふりをして生きようと、まさに私自身がしていたからだ。今の日本社会では「朝鮮人は殲滅しろ」とヘイトスピーチが吹き荒れている。1958年に事件が起きた日本社会の朝鮮人差別が今尚、根深くありむしろ恐ろしい暴力性すらも感じる。小松川事件で李珍宇が22歳の若さで処刑されるまで朴寿南と交わしたこの手紙の言葉の一つ一つを今の時代だからこそもう一度かみしめたい。韓国でも出版してほしいという声が高まっているという。古書では手が出ない高値になっているので、学生でも読みやすい文庫の形でも良いので、ぜひ今こそこの本を復刻してほしい。 (2017/12/08)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/12/08
『罪と死と愛と』(朴壽南)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『罪と死と愛と』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る