1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『エリザベス朝の世界像(E.M.W. ティリヤード (著), E.M.W. Tillya...』 投票ページ

エリザベス朝の世界像

  • 著者:E.M.W. ティリヤード (著), E.M.W. Tillyard (原著), 磯田 光一 (翻訳), 清水 徹郎 (翻訳)
  • 出版社:筑摩書房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2017/09/13
  • ISBNコード:9784480013675
  • 復刊リクエスト番号:65677

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

筑摩叢書367 エリザベス朝の世界像
ルネサンスは中世の輝かしい夕映えであり、シェイクスピアやミルトンの率直さと剛健さは中世的な世界像に基づいていた。ルネサンス観を転倒させた名著の決定訳。


シリーズ:シリーズ・全集
定価:本体2,330円+税
Cコード:0398
整理番号:
刊行日: 1992/10/09
※発売日は地域・書店によって
前後する場合があります
判型:四六判
ページ数:264
ISBN:4-480-01367-9
JANコード:9784480013675

この本の内容

従来ルネサンスは、個性を解放し近代の進歩を用意する曙の時代とされてきた。しかし実際は、燃え尽きんとする蝋燭がひときわ明るくなるような、巨大な中世の夕映えの時代だったのだ。シェイクスピアやミルトンの率直で剛健、豊饒な作品を支えているのは、中世の世界観なのだ。すなわち彼らはこう考えていた。石ころから天使に至るすべての存在は、不可視の鎖によって秩序正しくつながっており、人間は惑星の運行に対応して行動しなければならず、その惑星や恒星は天球の音楽に合せて舞踏している、と。偉大な作品の母胎が伝統と時代精神であったことを、鮮やかに実証する。ルネサンス観を転倒させた名著の決定訳。

この本の目次

秩序

存在の鎖
鎖の環
対応する諸平面
対応
宇宙の舞踏

http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480013675/

新着投票コメント

中世の文化や生活の背景にある世界観を知ることのできる書籍だと思うから。 (2017/09/13)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/09/13
『エリザベス朝の世界像』(E.M.W. ティリヤード (著), E.M.W. Tillyard (原著), 磯田 光一 (翻訳), 清水 徹郎 (翻訳))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『エリザベス朝の世界像』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る