1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『ディアロゴス演戯(由良君美)』 投票ページ

ディアロゴス演戯

  • 著者:由良君美
  • 出版社:青土社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2016/01/08
  • 復刊リクエスト番号:62833

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ロセッティ、ヒュースリ、ホガース、ターナー、ブレイク… 日本を代表する英文学者で博識を誇る知の巨人による美術エッセイ。

【刊行年】初版1988・最終版1988年
【判型】A5【頁数】345頁
【価格】予価3024円(本体2800円)

新着投票コメント

由良君美が英文学を論じるとき、必ずと言っていいほど美術が併せて語られている。添え物としてではなく、それらを総合した先にあるものを見据えてのことだった。確かに、本書で取り上げられているものは、今日は由良自身のお陰もあって、かなり一般化している部分もある。しかし、そうした情報面のみが問題なのではない。昨今の流行りに「学際」という言葉があるこれを、「精神史」として格式張らずかつひとりでやってのけていた学風をもつひとりとして、由良の著作は今日にあってますますその意義を増していると感じる。そのとき、イギリス美術を論じた本書は、他の復刊した本と併せて読むべき欠かせないものとなるはずだ。 (2017/12/03)

0

まだ未読なので読んでみたいです。 (2016/01/12)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/01/08
『ディアロゴス演戯』(由良君美)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『ディアロゴス演戯』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る