1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『パーリアとしてのユダヤ人(ハンナ・アレント 著 / 寺島俊穂 藤原隆裕宜 訳)』 投票ページ

パーリアとしてのユダヤ人

  • 著者:ハンナ・アレント 著 / 寺島俊穂 藤原隆裕宜 訳
  • 出版社:未來社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2016/01/08
  • ISBNコード:9784624111199
  • 復刊リクエスト番号:62790

得票数
13票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

自らのユダヤ人性を賭けて論じた迫真のユダヤ人論。パーリアとは追放者、被抑圧者の意であり、ユダヤ人の苦難の歴史を内側の目から見直す。

【刊行年】初版1989・最終版2002年
【判型】四六判【頁数】256頁
【価格】予価3024円(本体2800円)

新着投票コメント

是非とも読んでみたい本です。 (2016/02/28)

0

アーレント、ユダヤ人。この組み合わせで興味を持てないはずがないでしょう。 (2016/02/28)

0

今だからこそ、アーレントの著作は復刊してほしい (2016/02/27)

0

アレントが好きだから (2016/02/27)

0

一番の理由は、アレントの著作だからと言うことです。 是非、読んでみたいですね。 (2016/02/27)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • パーリアとしてのユダヤ人

    パーリアとしてのユダヤ人

    在庫僅少

    【著者】ハンナ・アレント 著 / 寺島俊穂 藤原隆裕宜 訳
    【発送】3~6日後

    自らのユダヤ人性を賭けて論じた迫真のユダヤ人論。パーリアとは不可触民、被抑圧者という意味をもち、ユダヤ人の苦難の歴史を内側...

    3,024 円 (税込)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/04/14
『パーリアとしてのユダヤ人』復刊決定!
2016/02/27
『パーリアとしてのユダヤ人』が10票に到達しました。
2016/01/08
『パーリアとしてのユダヤ人』(ハンナ・アレント 著 / 寺島俊穂 藤原隆裕宜 訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

歴史・地理に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『パーリアとしてのユダヤ人』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る