1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『アフガン帰還兵の証言(スヴェトラーナ・アレクシェービッチ)』 投票ページ

アフガン帰還兵の証言

  • 著者:スヴェトラーナ・アレクシェービッチ
  • 出版社:日経新聞社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/09/16
  • 復刊リクエスト番号:5738

得票数
23票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

原題を「亜鉛の少年たち」といいます。ベラルーシのジャーナリスト、
スヴェトラーナ・アレクシェービッチがアフガンを題材に取材した本。

投票コメント

9.11から10年、アメリカはアフガニスタン・イラクに侵攻し、多くの兵士が心と体に傷を負った。この様な「帰還兵」の問題はとくにヴェトナム戦争以降意識されるようになったものの、日本ではまだ十分に知られていないように思う。なぜ人は戦地に向かったのか、それは何をもたらしたのか考える上で貴重な資料である。 (2011/04/12)

1

ショックです.この本まで絶版になっていたとは……. 理由は書ききれません.読んだ人ならわかるだろうし,まだ読んでいない人なら,そのことを――ある種の「恥」とともに――きっと悔いることになるにちがいないでしょうから. 旧ソ連のアフガン撤退後に刊行されたこの一冊は,確実に,ソビエト連邦を変えたと思います.ちょうどベトナム戦争の「真実」が,アメリカ合州国を決定的に変えてしまったように. けれども,愚劣な首相の掛け声ひとつで「改革」や「自衛隊派遣」のお祭り騒ぎに夢中になるくせに,本当に変わることだけは神経質に恐れているこの国の人々は,これだけの衝撃をもった「真実」の声ですら,忘却にゆだねてしまおうとするのでしょうか……. (2001/11/11)

1

世界中で絶え間なく起こっている紛争、それなのに、いつも他人事の 様であり、愚かしい過去の出来事としてしか考えていなかった。 それが今 毎日暗雲のように 頭から離れない存在になっている。 「もう、戦争の事は書きたくなかった」 と言っていたアレクシェーヴィッチ、彼女は今どんな思いでいることだろう。 「命令を下す人を信じていた 兵士達の叫び 母親達の慟哭」図書館で読み返したばかりのこの本、是非復刊。 (2001/11/05)

1

スヴェトラーナ・アレクシェービッチのチェルノブイリ原発事故にかんする作品を以前NHKで放映されたのを観て、すごくショックを受けました・・。今、アフガンはテロ問題で一般の国民を巻き添えに惨憺たる状況がいつ終わるともなく続けられています。でも、私たち日本人は戦争の怖さ悲惨さをどれだけ理解しているでしょう・・そして、メディアはどれだけその実情を我々に伝えているのか。この本は、表向きの戦争だけでなく人の心に残した見えない傷を我々に知らしめてくれるはずです。そして、こういう作品を一人でも多くの日本人に読んでほしいのです。 (2001/10/28)

1

友人から紹介された。今アフガンが大問題になっている。ソ連のアフガン侵攻がだれにも福音をもたらさなかったことを誰もが知っているはずなのにまた始まってしまった。誰もが知っているようでも実際には知られていないのか。ほんとうの事を知る人が増えれば戦争停止の何かの力になると思う。 (2001/10/21)

1

もっと見る

新着投票コメント

2015年ノーベル文学賞受賞 アレクセイヴィッチの作品ですが、どうしようもないほどに市場にありません。 (2017/12/08)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

アフガン帰還兵の証言 スヴェトラ-ナ・アレクシエ-ヴィチ、三浦みどり
1,798円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2001/11/19
『アフガン帰還兵の証言』販売開始しました!
2001/09/16
『アフガン帰還兵の証言』(スヴェトラーナ・アレクシェービッチ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『アフガン帰還兵の証言』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る