1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『『指輪物語』エルフ語を読む(伊藤盡)』 投票ページ

『指輪物語』エルフ語を読む

  • 著者:伊藤盡
  • 出版社:青春出版社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2011/01/26
  • ISBNコード:9784413034883
  • 復刊リクエスト番号:52666

得票数
43票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

「指輪物語」でエルフたちが使っていた言語を解説!
トールキンの言語に対する造詣の深さを伺い知ることもできる。
こんな素晴らしい本が絶版なんて信じられないくらいです!!


投票コメント

「20世紀文学で最もポピュラーな作品の一つ」とされるJ.R.R.トールキン教授の「指輪物語」の物語の背景と奥深さをうかがい知ることのできる1冊。 「指輪物語」内に登場するエルフ語は言語に造詣の深いトールキン自身が開発したもので、「エルフ語を読む」は日本語で読むことのできる唯一の書籍です。 本書籍は映画「ロード・オブ・ザ・リング」が公開された頃に出版されたものです。「ホビット」公開をきっかけに作品のファンが増え、復刊を希望する声を少なからず聞くことがあります。ぜひ復刊してください。 (2016/04/16)

1

手に入らなかったので友人に借りて拝読し、とても感銘を受けました。分かりやすく奥深く、初学者にも、すでに一定以上の知識のある読者にも、手放せない1冊です。学習のためのテキストとして、ぜひ所持し何度も何度も読み返したく、復刻を強く望みます。 (2014/07/15)

1

映画を観ながら、とても不思議な雰囲気があって印象的な言葉だと思っていました。その場限りのなんとなく作られた言葉ではなくて、きちんと体系化されていたとは驚きです!トールキンという人は作家を超えた才能があったんですね。ぜひ、読んでみたいです。 (2014/06/05)

1

こんな本が出ていたんですね。古今東西の文字を見るのが好きなのですが、エルフ語の文字も、不思議な感じで気に入っていました。こうした架空の言語でも、きちんとした体系を考えていたトールキンはさすが!と思います(そう言えば、彼の『サンタ・クロースからの手紙』にも、北極語なるものの文字が描かれていましたね)。そんなトールキンのエルフ語を解説された本があるのでしたら、ぜひ!読んでみたいです。 (2014/06/05)

1

そんな本があるとは知りませんでした。 本職が言語学者であるトールキンが、その知識を活かして架空の世界の架空の言語体系を構築したのが、彼の一連のファンタジー小説だと聞いており、またそのような言語学的な考察をしていない一般のファンタジー小説に批判的だった(いや、それができるトールキンの方がレアケースなんですけど)とも聞いていたので、そのトールキンがこだわった架空の言語体系に興味があります。 (2014/06/04)

1

もっと見る

新着投票コメント

指輪物語大好きで、エルフ語にも興味があります! (2016/06/24)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/05/28
『『指輪物語』エルフ語を読む』が10票に到達しました。
2011/01/26
『『指輪物語』エルフ語を読む』(伊藤盡)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『『指輪物語』エルフ語を読む』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る