1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『ワイアット・アープ伝(津神久三)』 投票ページ

ワイアット・アープ伝

  • 著者:津神久三
  • 出版社:リブロポート
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2004/12/06
  • ISBNコード:9784845703340
  • 復刊リクエスト番号:27169

得票数
10票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

アメリカ西部史上、もっとも有名であろう銃撃戦、OKコラルの決闘。過去幾度と映画化され、その解釈はアープ英雄説から、強盗人殺し説まで、さまざまだそうです。筆者は日本人でありながら、詳細に資料を調べ、この疑惑の銃撃戦に解釈を加えていきます。その様は、良質のミステリーを読んでいるようで、わくわくさせられます。出版時でさえ、すでにウエスタンが衰退しており、長い間絶版でしたが、このたび、逢坂剛氏の「墓石の伝説」により、光が当てられ、これから注目を集めることでしょう。

投票コメント

西部劇で多くの映画化をされている人物の真実の人間像を知りたい。この本は各時代の多くのワイアットアープに関する書籍、情報を網羅し、且つ著者独自の分析に基づくワイアットアープの人間像が描かれていると聞く。その点にも興味がある。 (2008/05/04)

1

1991年5月発行「歴史読本ワールド〜特集 西部英雄伝」中でワイアットアープの項で津上氏を知り、その自著の紹介欄で本書が書かれてあり、かねてより探しています。同じ著者による「フロンティアの英雄たち」(角川選書、1982年)でも詳しくアープの事が書かれていますが、本書は目にした事がなく、西部劇ファンとしては、是非一度は手にしたい本です。 (2007/12/12)

1

「本の内容」にも書いたように、出版時にすでにジャンルが衰退しており、買い逃した人は絶対に手に入らない事、しかし、公立図書館に数多く収録されているように、歴史研究として非常に優れている事、本書に密接な関連を持つ新しい本(フィクションですが)、「墓石の伝説」逢坂剛著が、出版され、今なら興味を持っている人がいる事などによる。 (2004/12/06)

1

友人から借りて読んだが、非常に面白い。名著である。 手元に置いて、折に触れて何度でも手に取ってみたい。 愛蔵版にしたいものである。 (2013/12/29)

0

最近、名画『荒野の決闘』を何度も見直しています。このアープ像はもちろんよくできていて大好きですが、実物のアープも調べてみたいです。 (2010/05/18)

0

もっと見る

新着投票コメント

言うまでもなく津神久三先生渾身の名著 西部アウトロー史研究家としてアープ研究の集大成ともいえる著 是非この本の素晴らしさを多くの方々に知ってもらいたい。 流行のような英雄否定の風潮に合わせ、反アープ史家の啓蒙主義的合理主義での徹底的神話破壊に対して、津神流方法論での検証がこぎ見よく、語られていく。 また「バットマスターソン」「ワイルドバンチ」の遺稿も現存し、いまだ発刊される様子がないようだが、誠に残念なことである。 (2018/03/14)

1

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/03/14
『ワイアット・アープ伝』が10票に到達しました。
2004/12/06
『ワイアット・アープ伝』(津神久三)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

歴史・地理に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『ワイアット・アープ伝』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る