1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『全釈漢文大系33 山海経・列仙伝(前野 直彬)』 投票ページ
  5. 投票コメント一覧

コメント一覧

全釈漢文大系33 山海経・列仙伝

全147 件

知り合いの方の描かれた不思議な画に惹かれて、このような本があることを知りました。なんとも面白そう。ぜひ読んで(見て)みたいです。 (2015/06/05)

0

創作の参考資料として手元に置いておきたいので。 (2015/04/13)

0

貴重な資料でもある本をぜひ読んでみたいです!復刊お願いします! (2013/01/02)

0

中国古典文学が大好きです。 中国に住んで、中国語でも読んでいますが、よい日本語で読みたいです。 (2011/12/23)

0

私が書いている小説の参考資料として利用したいのです。宜しくお願いします。 (2011/12/20)

0

ken

ken

山海経研究のため (2011/06/06)

0

是非復刊して欲しいです。 この本の論文を書きたいと考えております。 どうか、よろしくお願い致します。 (2011/05/13)

0

山海経は重要な古典です。 (2010/10/20)

0

復刊への道のりは遠いが、できればお願いしたい (2010/09/24)

0

日本文学への影響が大きく、大切な書物です。 (2010/08/12)

0

wed

wed

山海経のきちんとした本が少ないので (2010/02/15)

0

漢文苦手なので、原文と比較して余みたいです。 (2009/11/30)

0

是非とも読んでみたい (2009/09/09)

0

購入可能であれば読んでみたい。 (2009/03/25)

0

読みたいです (2008/08/04)

0

珍獣が載っている本は少ないです。 ぜひ、読みたいです! (2008/07/20)

0

読みてぇー (2008/06/26)

0

cro

cro

山海経に興味があり、読んでみたいと思っていいます (2007/12/02)

0

以前 買いそびれてから、ずっと探してた本です。確か当時6千から7千円 だったと思います、その時は手が出ませんでした、後に出版目録に在庫在りと、載ってたので注文しましたが 絶版との返事でした、それから ずっと探してました。ぜひ復刊されますように。 (2007/11/17)

1

es4

es4

山海経が好きなので。 (2007/06/17)

0

平凡社ライブラリー版だと「三騅(さんすい)」を「青い馬あり、赤い馬あり、名は三騅」(P159・P162にも名のみあり)としているが、こちらでは確か「騅」(3種の?3頭の?)として扱っていた記憶がある。確かめたいがアマゾンで21万円!って……。全釈漢文大系を集英社(学術)文庫とかにする気はないでしょうか? (2007/06/02)

1

資料として今後も残していきたい。 (2006/11/17)

0

山海経に興味があります。是非復刊を! (2006/11/05)

0

原文、書き下し文と対照して読みたいし、注釈も充実しているためです。 (2006/10/01)

0

日本語訳だけでなく、原文と照らし合わせて読みたいので。 (2006/07/06)

0

必要な本ですので、宜しくお願いいたします。 (2006/06/20)

0

山海経は、日本で言うなれば、竹原春泉の絵本百物語とか、鳥山石燕の画図百鬼夜行なのです。 中国のいにしえの時代、人々が何におびえ、何に不思議を感じ何を体感していたのか。 是非、この本から感じたい。 (2006/06/13)

0

読書物として興味あるだけ…なのだが、復刊・念 (2006/02/02)

0

読みたいから (2005/10/31)

0

現在通常の書店で手に入る「山海経」は、現代語訳版だけのはず。化物好きとしては、漢籍はぜひとも原文で読んでみたいのです。 (2005/10/30)

0

全147 件

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『全釈漢文大系33 山海経・列仙伝』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る