1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『映画にとって音とはなにか(ミシェル・シオン 著 / 川竹英克 J.ピノン 訳)』 販売ページ

映画にとって音とはなにか

映画にとって音とはなにか

  • 著者: ミシェル・シオン 著 / 川竹英克 J.ピノン 訳
  • 出版社: 勁草書房
  • 判型: 四六判
  • 頁数: 336 頁
  • ISBN: 9784326851263
  • ジャンル: 専門書
  • 価格: 3,780 円 (税込)
    (本体価格 3,500 円 + 消費税8%)

  • 現在この商品は当サイトで販売していません。
    以下のボタンより、amazon.co.jpにてお買い求めください。
  • amazon.co.jpへ
    ※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
    ※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
    ※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

さまざまな傑作映画の魅力を、音に対する認識論と、音響技術に関する方法論から解き明かした画期的な試みの書。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

復刊投票時のコメント(3件)

映画における音声について包括的・理論的に研究した日本語で読める文献は少なく、しかもこの文献はこの分野の古典的なものなので、ぜひ復刊していただきたい。 (2018/01/11)

0

興味深い (2018/01/08)

0

映画については画面の議論は多いが、音について秩序だって論じたものは少ない。貴重な試みが読むことができないのは残念。 (2018/01/08)

0

ニュース

2018/05/08
『映画にとって音とはなにか』復刊決定!

この商品は、現在ご購入いただけません。

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る