1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『北越戊辰戦争史料集(稲川明雄 編)』 販売ページ

北越戊辰戦争史料集

北越戊辰戦争史料集

  • 著者: 稲川明雄 編
  • 出版社: 角川学芸出版
  • 判型: A5
  • ISBN: 9784046224040
  • ジャンル: 専門書
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 在庫なし
  • 価格: 21,600 円 (税込)
    (本体価格 20,000 円 + 消費税8%)
    【送料・代引手数料無料】
  • Tポイント: 200ポイント ポイントについて
  • カートに入れる
  • ※在庫切れのため購入できません
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

幻の史料「戊辰北越戦争史」を含む、貴重な史料集成。
河井継之助率いる長岡藩同盟軍と新政府軍が長岡城めぐって激突!
奪還と防衛を繰り返す「終わり無き死戦」の記録集。
幕末戊辰戦争における長岡藩・旧幕府軍と新政府軍との戦いは、長岡城の攻防を主軸とし一進一退を繰り返した「泥と血」の消耗戦であった。
しかし同時に、戊辰戦争中旧幕府軍がもっとも善戦した戦闘でもあった。
貴重な史料で再現する北越戊辰戦争の全貌。

▼内容
◇訂正 戊辰北越戦争記(附章 山本帯刀君之伝、河井継之助君之伝)
◇高野貞吉 戊辰戦争ノ記
◇尾張藩北越日記
◇会津戊辰戦争越後水原方面ニ於ケル萱野隊従軍記
◇戊辰のむかしがたり
◇追考昔誌(抜粋)
◇戊辰軍記(巻之九)(米沢藩)
◇東・西両軍戦没戦死者名簿

▼「はじめに」より
従来から北越戊辰戦争を紹介する書が少ない。それは明治新政府にとって、越後の戦闘が禍根を残したものであり、歴史上に載せたくない事情があったとみてよいと思う。
第二次大戦前に、この北越戊辰戦争史を正面からとりあげた史家は、徳富蘇峰くらいであったといわれる所以である。事実、戦争は詳細かつ広範にわたり、網羅的な戦記は未だ編さんされていない。そこで、今回、日頃から陽のあたらない同盟軍側の資料を中心に、長岡城攻防戦の実態を明らかにしようと考えた次第である。巻末に東西両軍の戦歿者名を載せ、その戦争の実態を知ろうというのが本書の目的でもある。


◆こちらもチェック!
◎『会津戊辰戦争史料集』はコチラ
◎『会津藩戊辰戦争日誌 上』はコチラ
◎『会津藩戊辰戦争日誌 下』はコチラ

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2013/09/20
『北越戊辰戦争史料集』(稲川明雄 編)の注文を開始しました。

この商品は、現在ご購入いただけません。

日本史に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る