1. TOP
  2. 復刊ドットコム 特集・企画
  3. 今月のリクエスト企画 (2017年10月メルマガ掲載分)

2017年10月05日

今月のリクエスト企画 (2017年10月メルマガ掲載分)


今月のリクエスト企画 (2017年10月メルマガ掲載分)
  • ドニー・イェン アクション・ブック
  • SHOW TIME!!(三浦大知アーティストブック)
  • ルパン三世 戦場は、フリーウェイ
  • 僕はかぐや姫

復刊ドットコムスタッフがオススメする復刊リクエストタイトルをご紹介します。
あなたが投票した作品の復刊が実現した場合、その商品を当サイトで購入すると
Tポイントが5倍になります!
詳しくは、「ダブルボーナスプログラム」のページをご確認ください。
皆さまからのたくさんのリクエスト、お待ちしております!

おすすめの復刊リクエスト

ドニー・イェン アクション・ブック

得票:16票

ドニー・イェン アクション・ブック

著者: ドニー・イェン 著 / 谷垣健治 監修 / 浦川とめ 訳
出版社: キネマ旬報社

「HERO」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱」など数々のアクション映画に出演、見事な中国武術で観客を魅了してきたドニー・イェンが、香港アクション映画の歴史、舞台裏からテクニカルな面まで様々な切り口でアクション映画について語った本。2005年刊。約20分のメイキングDVDも付属しています。
2016年に公開された「スター・ウォーズ」シリーズの外伝的作品「ローグ・ワン」への出演をきっかけにファンはさらに拡大しており、今ではかなりのレア本となった本書に、多くの復刊リクエストが寄せられています。

【リクエストコメントより】
『ローグ・ワン』『トリプルX:再起動』『イップ・マン 継承』の公開に伴い、かつてないほど日本でのドニーイェンの人気が高まっています。この本を今探そうとすると3万円はゆうに超えるプレミア値がついたものしか見つけることができず、手を出せずに悔しい思いをしているファンが私以外にも大勢いま...


ドニーイェンの映画のアクションシーンの見栄えの良さは、彼の深い理論や技術、カメラ割り、撮影スタッフとの創意工夫があり、インタビューなどで聞いてもとても面白い。それをさらに深く語っているであろうから、是非読んでみたい。DVDも付いているそうで、理論も動きも楽しめそう。アクションスター...

投票する

SHOW TIME!!(三浦大知アーティストブック)

得票:155票

SHOW TIME!!(三浦大知アーティストブック)

著者: エムオン・エンタテインメント
出版社: エムオン・エンタテインメント

圧倒的なヴォーカルとダンスパフォーマンスが魅力のエンターテイナー・三浦大知を全方位的にフィーチャーした、初のアーティストブック。2013年刊。撮り下ろしグラビアをはじめ、全75曲解説、3万字インタビュー、私物紹介に至るまで、様々な切り口で三浦大知を解析する、ファンにはたまらない一冊です。
Folderのメイン・ヴォーカリストとしてデビューしてからすでに20年。今もなおファンは増え続ける中で同書はすでに入手困難となっており、復刊を望むたくさんのリクエストが寄せられています。

【リクエストコメントより】
絶版後にファンが急増し、大変入手困難な品となってしまいました! 現時点ではファンのバイブル的な唯一の本で非常に需要があります。 ぜひ復刊をお願いしたいです。


ファンには垂涎の内容です。三浦大知さんの知名度急上昇とともに欲しい方も増えていますし、私自身、一冊は持っているけど汚したくないのでもし復刊されたらもう一冊保存用に買いたいです。 どうかよろしくお願いします。

投票する

ルパン三世 戦場は、フリーウェイ

得票:397票

ルパン三世 戦場は、フリーウェイ

著者: 樋口明雄 塩田信之 吉岡平
出版社: 双葉社

『ルパン三世』といえば、漫画かアニメを思い浮かべる方が多いと思いますが、本書はオリジナルの小説本。1987年に文庫で刊行されました。
短編が3作収録されていますが、特に表題作の「戦場は、フリーウェイ」は、ルパンではなく次元大介を主人公に据えた珍しい作品で、ハイウェイを舞台に、マフィアからの逃避行がスリリングに展開する人気作です。
いまやルパン三世ファンにとってもかなりレアな作品で、「是非一度読んでみたい」と、多くの復刊リクエストが寄せられています。

【リクエストコメントより】
このルパン小説シリーズの何冊かは読んだ事がありました。当時テレビでしか知らなかった少年の自分にはテレビ版より内容がかなりシリアスで大人向けの本だと感じてかなり刺激が強かったのを覚えてます。 あれから10年以上経ち、昔のシリアスさが少なくなった感じのルパンでは大人の自分にはいまい...


「ルパン三世の伝説的ゲームブック。だがこいつが世に出た時、オレはまだ若すぎた。ついに、手に入れるどころか、影すら見ることなく、今に至っている…。オレはヤツを、読まなきゃならねェ」(次元大介の独白調で)

投票する

僕はかぐや姫

得票:123票

僕はかぐや姫

著者: 松村栄子
出版社: 福武書店

一人称に「僕」を使う女子高生の、ジェンダー(社会的に期待される男らしさ・女らしさ)に揺れる日々を描いた小説。松村栄子のデビュー作で、1991年刊。1993年には文庫でも発売されました。
本作が注目を浴びるきっかけとなったのは、2006年の大学入試センター試験。問題に採用されたこの作品(の一部)を読んだ人から「続きが気になる」「もっと読みたい」という感想が続出。単行本も文庫も、今ではプレミアム価格で取引される本作に、多くの復刊リクエストが集まっています。

【リクエストコメントより】
高校一年生のときに図書館で借りて読みました。対象としての女性性を受け入れる準備がまだできず、「僕」という一人称で自己を守る主人公たちに深く共感し、何度も読み返しました。7年以上経った今でもときおり思い出し、手元に置いておきたいと思っています。ぜひ復刊してほしい作品です。


センター国語にて出題されていたことが話題になっていたのがきっかけであらすじを知り、様々なサイトにて紹介されているのを読めば読むほど惹かれていき・・・これは買いだな!と勢い込んでamazonを開いたときの絶望感は忘れない。復刊心よりお願い申し上げる。

投票する

T-POINT

Tポイントキャンペーン
「ダブルポイントプログラム」実施中
投票タイトルを購入:ポイント5倍
※事前にTポイント利用手続きが必要です。

スケジュール

投票受付スケジュール
投票受付:投票期限はありません
※必ずしも復刊をお約束する企画ではございません。

TOPへ戻る