1. TOP
  2. かつチキンさんの公開ページ

かつチキンさんのページ

復刊リクエスト投票

タイアップの歌謡史

人気のライター速水健朗さんの初期の作品です。著者は、都市論やポップカルチャー、人々のライフスタイルまでを横断しながら、独特の視点で日本戦後史を捉え返す仕事を行なっていて、この本も、そのうちの一つだと思います。平成の時代もまもなく終わりを告げ、いま日本は、戦後の転換点にさしかかっています。わたしたちの立っている場所を知るためにも、この本が必要です。新書だから致し方ありませんが、絶版なのが残念です。なんらかの形で復刊されることを願っています。 (2017/11/22)

タイアップの歌謡史
【著者】速水健朗

モダニズムのハード・コア 批評空間臨時増刊号

近代日本の批評みたいに文庫化できませんか。翻訳はとくに版権の問題とかむずかしいのでしょうか。 (2017/11/18)

モダニズムのハード・コア 批評空間臨時増刊号
【著者】クレメント・グリーンバーグ、マイケル・フリード、ロザリンド・クラウス他

形而上学の根本諸概念   世界-有限性-孤独

ハイデガー が『存在と時間』を発展させた講演で、「石は世界を持たない、動物は世界が貧しい、人間は世界を形成する」というテーゼを打ち出したことで有名です。デリダを筆頭に、アガンベン、日本でも、國分功一郎さんや串田純一さんなど、数多の哲学者がこの講演に言及しています。また、講演を文章化したものなので、ハイデガーの著作の中でも(わりと?笑)読みやすいとされています。しかし残念なことに、この本の出版社である創文社さんは、2020年をもっての解散を発表してします。創文社さんの仕事をひきつぎ、ふたたびこの著作を手にとりやすい形にしてくださる出版社さんはどこかにいないでしょうか。 (2017/11/17)

形而上学の根本諸概念 世界-有限性-孤独
【著者】M・ハイデガー 著 , 川原栄峰 訳 , S・ミュラー 訳

「ヒューマニズム」について

日本でも著作『四方対象』が翻訳刊行され話題となった、現代哲学ムーヴメントのひとつ、オブジェクト指向存在論の代表的論者グレアム・ハーマンは、ハイデガーとりわけ後期ハイデガーの思想をもとに哲学を展開しています。したがって、現代哲学をまなびたい人にとって、本書は必読です。ぜひとも、手軽に文庫で読めるような環境を整えてほしいと思います。復刊よろしくお願いします。 (2017/11/16)

「ヒューマニズム」について
【著者】M・ハイデガー 著 , 渡邊 二郎 訳

新版 タイムトラベルの哲学

名著です。予備知識なしで読めます。かつて、初めて大森荘蔵の著作を読んだときのような、きもちのいい読書体験を味わうことができます。青山さんの他の著作もそうですが、本書では、過去の哲学者のコラージュではない、青山さん独特の思考が展開されます。おそらく、日本においては稀有なタイプのガチの哲学書です。それでいて明晰な日本語で書かれています。手元に置いておきたい作品です。ぜひとも復刊をお願いします。 (2017/11/16)

新版 タイムトラベルの哲学
【著者】青山拓央

もっと見る

かつチキンさん

かつチキンさん

プロフィール

[ニックネーム]
かつチキンさん

TOPへ戻る