1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『実践の倫理 新版(ピーター・シンガー著、山内友三郎、塚崎智監訳)』 投票ページ

実践の倫理 新版

  • 著者:ピーター・シンガー著、山内友三郎、塚崎智監訳
  • 出版社:昭和堂
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2018/07/12
  • ISBNコード:9784812299296
  • 復刊リクエスト番号:67050

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

内容(「MARC」データベースより)
倫理や道徳を人種上の少数派の処遇、女性に対する平等、食糧や研究のための動物の使用、自然環境の保全などの実践問題に応用し、「公平主義」に基づいた理論を展開。原著第2版を翻訳した91年刊の新版。〈ソフトカバー〉


◆新版(1993)・目次

第1章 倫理学について
第2章 平等とその意味するもの
第3章 動物に平等を
第4章 殺すことのどこが不正なのか
第5章 生命を奪う――動物
第6章 生命を奪う――胚と胎児
第7章 生命を奪う――人
第8章 富める者と貧しい者
第9章 内部の者と外部の者
第10章 環境
第11章 目的と手段
第12章 なぜ道徳的に行為するのか

新着投票コメント

ピーター・シンガーは、動物愛護や、貧困国への寄付を主張していることで有名な哲学者です。本書を読むと、彼の主張の背景に、きわめてすぐれた理論体系があることがわかります。 カントに基づく人格の倫理や、アリストテレスに基づく徳倫理は、たしかに、わたしたちの生活に根づいたものとして理解しやすいですが、それらは裏をかえすと、既存の道徳との親和性が高い、保守的で、社会を変革することのない主張であるということです。 ピーター・シンガーは、功利主義にもとづき、国家や種の境界を取り去った、普遍的な幸福を目指します。そこには、わたしたちの生活実感にそぐわない主張もあるでしょう。しかし、これまでの歴史の中で、わたしたちの生活実感がすべて正しかった、ということはありません。 哲学は、時間や空間の境界を可能な限りとっぱらって、普遍を目指して思考する学問です。普遍的な思考が展開されているからこそ、プラトンの著作は、時間を超えていまもなお読みつがれます。そういう意味で、このシンガーの代表作も、いま・ここの常識とは離反する、普遍を目指す思考が書き記されているという点で、第一級の哲学書です。 (2018/07/12)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/07/12New
『実践の倫理 新版』(ピーター・シンガー著、山内友三郎、塚崎智監訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『実践の倫理 新版』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る