1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『8月17日、ソ連軍上陸す―最果ての要衝・占守島攻防記(大野 芳)』 投票ページ

8月17日、ソ連軍上陸す―最果ての要衝・占守島攻防記

  • 著者:大野 芳
  • 出版社:新潮文庫
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2018/04/08
  • ISBNコード:9784101332215
  • 復刊リクエスト番号:66655

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

昭和20年8月14日・ポツダム宣言受諾、翌15日正午・終戦の詔勅──。だが、戦争は終ってはいなかった。17日深夜、最北の日本領であった千島列島の占守島へ、対岸のカムチャツカ半島から、突如としてソ連軍の大部隊が来襲。日本軍の三日間にわたる死闘が始まった。ソ連の北海道占領は、いかにして阻まれたのか。知られざる戦争の全貌を浮き彫りにした畢生の歴史ノンフィクション。

投票コメント

2018年のTEAM NACSの舞台の原案を書かれた、森崎さんが参考にされたとのこと、廃刊のため、中古品も高額で取引されていますが、単純にこの話をより多くの人に知って貰いたいと思い、投票します。 (2018/04/08)

1

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/04/08
『8月17日、ソ連軍上陸す―最果ての要衝・占守島攻防記』(大野 芳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

旧ソ連ロシア東欧に関するQ&A

ロシアかブルガリアの童話か

40年ほど前に読んだ本で、ロシアかブルガリアといった国が舞台になっていて、魔法にかけられた男女がでてくる短編集で、その魔法がとても魅力的に描かれていて、そこには馬などの動物も関わっています。そして挿絵が...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『8月17日、ソ連軍上陸す―最果ての要衝・占守島攻防記』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る