1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『神様はつらい(ストルガツキー兄弟)』 投票ページ

神様はつらい

  • 著者:ストルガツキー兄弟
  • 出版社:早川書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2017/03/16
  • 復刊リクエスト番号:64819

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

1970年に出版された世界SF全集の第24巻に収められていた、ロシアを代表するSF作家であるアルカジイ&ボリス・ストルガツキー兄弟の代表作です。文学の香り高い名作ですので、是非とも単行本あるいは文庫本として復刊・刊行していただきたいと願っています。
この作家の作品では、現在「ストーカー」のみ、早川文庫から刊行されており入手可能です。けれども、作品としては、この「神様はつらい」の方が、質が上だと思うのです。
はるかな未来、人類が他の惑星の人々にとって〝神様〟となる時代のお話です。

投票コメント

中学生の時に、図書館の書庫の中にうもれていた、世界SF全集を見つけて、手当たり次第に読んでいた時に、当時、この全集でしか読めなかった作品の中では、フィリップ・K・ディックの「宇宙の眼」と並んで印象が深く残っている作品です。 科学技術も人文科学も、はるかに進んだ(遠い未来のような)世界から来ているために、周囲の人々(現地人)よりも、はるかに状況を良くわかっているからこそ、かえって身動きがとれない地球人の葛藤が、とても興味深かったのを覚えています。 (2017/03/16)

1

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/03/16
『神様はつらい』(ストルガツキー兄弟)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

旧ソ連ロシア東欧に関するQ&A

ロシアかブルガリアの童話か

40年ほど前に読んだ本で、ロシアかブルガリアといった国が舞台になっていて、魔法にかけられた男女がでてくる短編集で、その魔法がとても魅力的に描かれていて、そこには馬などの動物も関わっています。そして挿絵が...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『神様はつらい』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る