1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ルーンの子供たち 冬の剣 全3巻(ジョン・ミンヒ)』 投票ページ

ルーンの子供たち 冬の剣 全3巻

得票数
13票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

オンラインゲーム「テイルズウィーバー」の原作本。物語は12歳の少年ボリス・ジンネマンと伝説の武具ウインターボトムキットをめぐる物語。数年前に図書館などで読みましたが、再度読みたくなり、書店やネットを探してもどこにも無く、途方に暮れていたところ、このサイトを思い出しました。是非復刊をお願いします。

投票コメント

出逢った時には書店には無く、図書館で借りて読んでいました。 3部出版のこの機会に復刊を希望します (2018/05/23)

2

この本は間違いなくファンタジーの最高峰です。 中学一年生の頃図書室でこの「ルーンの子供たち」 シリーズと運命の出会いをした。。 当時の私にとってはかなりの長編でしたが、 その表紙を見ただけで私はのめり込みページを めくる手が止まらず、すぐに読破しました。 図書室は学校の最上階で、田舎なのもあって 利用する生徒は少なかったです。 昼休みのチャイムが鳴った瞬間に階段を上り この本を手に、隅っこで貪るように読み、授業開始の 鐘が聞こえたら名残惜しいが本を戻して教室に戻る。 短い時間だが静かな図書館で、古い紙の香りに 包まれて夢のような本と逢瀬を重ねる。 この不思議な時間は私の至極で秘密なひと時で、 思い返せば今でも懐かしく、愛しく、 どこか切ない気持ちを蘇らせてくれる。 今年で22歳になるが一日もこの本を 忘れたことはなく、本屋に行けば必ず探している。 私の人生にとって一番大好きな、 一番大切なこの一冊を、どうかもう一度この手に、 この胸に抱かせてください。。 (2018/05/21)

2

ok

ok

第3部刊行に向けて、第1部からしっかりとした新しい本を揃えたくなりました。根強いファンの多い作品ですので、ぜひよろしくお願いします…! (2018/03/05)

2

図書館で借りて読んだことがあり、想像以上に引き込まれる内容だったので購入しようと探したところ絶版になっていて驚きました。 ファンタジーとして最高峰に近い完成度だと思います。第3部が発表される予定もあるので、少しでも多くの人に知って欲しいという願いから復刊を希望させて頂きます。 (2017/09/25)

2

世界で唯一信頼できる人を亡くした少年は心を固く閉ざし一人で生き抜くことを決めますが、少年にとって世界とは過酷で厳しく、そこで出会う人々は決して優しい人々ばかりではありませんでした。時に裏切り時に利用し、まだ幼い少年を翻弄しようとします。しかし一人で生き抜く強さを手に入れると決めた少年は、旅をする中で再び自身を愛してくれる人々と出会い、自身も彼らを愛し彼らと共に生きたいと願うようになります。 容赦のない厚みのある世界観、主人公のボリスが経験する多くの出会いと別れ。何度読み返しても色褪せることのない上質なファンタジーです。 精霊の守り人等の装画を担当されている中川悠京先生による、作品の世界観と最上級に合った美麗な装丁も素晴らしく、より多くの人が手にできることを願うばかりです。韓国での第三部の刊行が既刊復刊のきっかけになればと思います。 (2018/05/26)

1

もっと見る

新着投票コメント

中学生の頃図書館あり面白くて何度も読んだのですが当時は自分で購入することはできず、自分でお金を稼げるようになった時には絶版となっていてとても残念でした。ぜひ復刊していただきたいと思います。 (2018/06/04)

1

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/05/24
『ルーンの子供たち 冬の剣 全3巻』が10票に到達しました。
2015/12/26
『ルーンの子供たち 冬の剣 全3巻』(ジョン・ミンヒ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『ルーンの子供たち 冬の剣 全3巻』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る