1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. エンタメ
  4. 『クトゥルフ神話TRPGシナリオ集 七つの怪談(坂本雅之 編 / 内山靖二郎 友野詳 ...』 投票ページ

クトゥルフ神話TRPGシナリオ集 七つの怪談

  • 著者:坂本雅之 編 / 内山靖二郎 友野詳 川人忠明 朱鷺田祐介 坂東真紅郎 高平鳴海 倉樫澄人 著
  • 出版社:新紀元社
  • ジャンル:エンタメ
  • 復刊リクエスト開始日:2012/09/08
  • ISBNコード:9784775306109
  • 復刊リクエスト番号:56035

得票数
147票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

現代・戦前の日本を舞台にしたクトゥルフ神話TRPGのシナリオ集。


投票コメント

プレイユーザーが増えている今、復刻して欲しいと思ってます。公式がシナリオ集を全く出さない以上、買おうにも中古の値段は上がるばかり……。 最近ダークエイジやアーカムのすべてといったように、復刻している書籍もちょっとずつ出ているので是非にも7つの怪談も含め、他も出していって欲しいものです。 (2017/07/29)

1

タイトル的に怪談話の好きな私もぜひ読んでみたいと思う1冊です。 フリマアプリにて4万近くで売られているのを見て悲しくなりました。再販してくれればその10分の1で済むのに…… 最近、クトゥルフの人気が動画などによって急激に上昇しているのでそのブームに乗らないわけはないと思います。宜しくお願いします。 (2017/05/18)

1

クトゥルフ人気は今、絶頂期にあると言っても過言ではない。この機会を逃す手はない。 出版社としても魅力的な話しのはずだ。 そもそもクトゥルフ関連の小説は二次使用が前提で、ラブクラフトが作品中の怪物等を使用しても良いとしたはずだ。 なのに再販しないのは、ラブクラフトの魂を汚している行為に他ならないと断言する。 また、同作品が某オークションサイトで、とんでもない金額で取引されているのを確認した。これは異常な行為であると共に、ここまでして欲しいと思っている人間がいるという事でもある。 これらの人間の想いを汲んでみてはどうか? 個人的な感情や会社間の事情、執筆者の問題等もあるだろう。 しかし、同じクトゥルフを愛する者として、それらの感情を乗り越えて、どうか再販をして貰いたい。 (2016/07/21)

1

R

R

絶版となってから中古品の価格が高騰しており入手は困難。これだけの価格になるにはそれだけ需要があるという事の現れと思います。 掲載シナリオの評価も高いと聞いており、是非とも一度読んでみたいと思っております。 (2016/07/02)

1

怪談や妖怪などが好きで、和ホラークトゥルフシナリオを遊んでみたいと思いました。 怪異や妖怪をどのようにクトゥルフ神話に落とし込んでいるのか気になります。 自分で和クトゥルフシナリオを作成する際の参考にもしたいです。 是非復刊して頂きたいです。 (2016/03/27)

1

もっと見る

新着投票コメント

エンターブレインの他のクトゥルフ関連書籍は版を重ねているのに、一部の本は絶版になっているようです。 ニーズはまだまだあるので、是非とも再販していただきたいです。 (2018/03/09)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2015/10/01
『クトゥルフ神話TRPGシナリオ集 七つの怪談』が100票に到達しました。
2014/12/06
『クトゥルフ神話TRPGシナリオ集 七つの怪談』が50票に到達しました。
2012/12/26
『クトゥルフ神話TRPGシナリオ集 七つの怪談』が10票に到達しました。
2012/09/08
『クトゥルフ神話TRPGシナリオ集 七つの怪談』(坂本雅之 編 / 内山靖二郎 友野詳 川人忠明 朱鷺田祐介 坂東真紅郎 高平鳴海 倉樫澄人 著)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『クトゥルフ神話TRPGシナリオ集 七つの怪談』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る