1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. コミック・漫画
  4. 『魔太郎がくる!!全13巻(藤子不二雄)』 投票ページ

魔太郎がくる!!全13巻

得票数
162票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

魔太郎が黒魔術を使ってイジメられた子に報復すると言う作品。

投票コメント

オリジナル版が読みたい! 改訂版とオリジナル版の評価はヤフオク、アマゾン等の中古価格を見れば、オリジナル版が人気なのは一目瞭然。 評価の高い名作ですから、かなり売れると思います。 残酷な話ですが、いじめられっこのうっぷんを晴らすマンガです。 救われた子供もいると思います。 作者が生きているうちに、許可を取って、 R指定をつけて、販売してください! (2017/08/17)

3

当時、全巻揃えて何回も読み返すほど好きでした。やがて大人になり手放し、数十年がたちどうしても気になり復刻版(秋田書店全12巻)購入しましまがあまりの内容の違いに愕然としました。当時と同じ装丁、内容で復刻をお願いします。 (2016/01/25)

3

過去の映画や小説は注意書き等で当時の表現を許されてるのに漫画はダメなのでしょうか。過激な内容が問題なら年齢制限を設ければよいのでは? 旧版を入手するのも年々難しくなっていくので、ぜひ復刊して頂きたいです。 (2013/12/23)

2

連載時のオリジナル版で、もう一度読まずにオクベキカ。 (2017/10/03)

1

やっぱりオリジナル版をもう一度読みたい!頼む! (2017/01/26)

1

もっと見る

新着投票コメント

社会背景など、様々な理由で、新装版が発売されたと思うのですが、 連載当時の「オリジナル版」と現代の「新装版」の両方を販売し、 どちらを選ぶかは、読者の自由というスタイルにできないものでしょうか? 「ブラック・ジャック」などの作品もそうですが、マンガを書き直したり、一部の作品を削除しても、 世の中から、完全にクレームが無くなるとも思えませんし、犯罪などが 無くなるとも個人的には思えません。 CS放送のように、「差別的な表現や過激な表現はありますが 作者の意図を尊重し、当時のまま~」という注意書きを付けた上で 「完全オリジナル版」を発売することは難しいのでしょうか? 可能であれば、単行本未収録の作品も含め 「完全オリジナル版」も購入したい作品です。 (2018/06/22)

1

もっと見る

投票する

読後レビュー(2件)

  • 魔太郎がくる

    西高瀬川少年探険団 2017/08/05

    僕が子供の頃、藤子不二雄は一心同体だった。だから、ドラえもんも怪物クンもオバケのQ太郎も、作者は一人だった。当然、この魔太郎がくるもドラえもんの作者が描いた作品だった。それだけに衝撃が大きく、ちょっとしたトラウマになった。それでも気弱な少年(表向きは)が主人公で、力のある者に復讐していく様は爽快でもあった。藤子不二雄作品で全巻持っていたのは結局、この作品だけだった。

    0

  • 魔太郎がくる!!

    ひとみ 2012/12/08

    藤子不二雄では、ちょっと恐い?話です。
    あのセリフが、また恐いです。

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2001/06/22
『魔太郎がくる!!全13巻』(藤子不二雄)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2002/10/21
交渉情報追加
出版社さんより「現行、刊行されている全12巻のものでは、投票者はダメなのでしょうか?」という問いかけがありました。
(交渉先:出版社)

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

怪奇&ホラーコミックに関するQ&A

猫が出てくる怖い本

10年ほど前に読んだので記憶が曖昧なのですが、 ・登場人物は二足歩行の犬や猫 ・和風の世界観で着物を着ている ・メス猫が自分の産んだ子猫を川に流す ・メス猫の夫は犬で、犬ではなく猫が生まれる...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『魔太郎がくる!!全13巻』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る